子どもは社会にすごく関心があるんです。社会見学より社会体験のほうが伸びるように思います。

image

 

「子どもは社会にすごく関心がある。」キッザニアに行って思ったことです。

子どもたちは、大人の世界にあこがれを持っているということ。

大人には関心なくて仕事ないようね(笑)

大人の「仕事や働き」のある社会にすごく関心があると感じました。

朝の8時からキッザニア攻略本に付箋を貼りまくった親御さんもいましたが、

それにもまして、子どもたちの「仕事を体験したい!」の熱意にはビックリさせられました。

キッザニア入場料安くはなく、今回家族四人で入場して13000円+交通費。

image

攻略するのに最低2回から3回は行かないので結構な出費。

私もここまでするのだから、色々見学していこうと普段はそんなに思わないけど

今回は真剣に遊び、いや見学してきましたよ。

 

・お寿司屋さん

・ピザ屋さん

・バームクーヘン(ユーハイム)

・ハンコ屋さん

・ホテル

・劇

・テレビ、ラジオのレポーター

image

 

第一部 9時から15時。7時間のなかで体験できたのは5つ。入場30分でバームクーヘン、

お寿司やさん、ピザ屋さんは予約でいっぱいでチャレンジできませんでした。

 

子どもは思っている以上に社会、働くということに興味があるんだと思いました。

いろんな職種を体験することで、やりたいことって見えてくるんじゃないかな?とも感じ、

働き方を見つけるヒントになったようにも思います。

大学であるインターンも、もっと気兼ねなくできるといいのに。

image

子どもが楽しく真剣に働く姿をみていたら、

熱意を上手く社会につなげていければいいなぁと思いますね。

 

40歳の積極宣言!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で