【ポツンと一軒家】に【場所は和歌山県「自分たちで建てたログハウスで暮らす70代のご夫婦!丹精込めて育てた4年もの自然薯を使ったお好み焼きに感激!」】が登場紹介!


2022年8月28日(日) 19時58分~20時56分 の放送「ポツンと一軒家」の内容に、和歌山県「自分たちで建てたログハウスで暮らす70代のご夫婦!丹精込めて育てた4年もの自然薯を使ったお好み焼きに感激!」が登場!

【ポツンと一軒家】に【場所は和歌山県田辺市中辺路町石船。紀伊山地の南部の山奥でひときわ大きな農地をもつポツンと一軒家・ほぼ手作り?10年かけて建てた山奥の邸宅・大病乗り越え夫婦二人三脚・久保重廣さん千恵子さん】が登場紹介!

朝日放送・ABCテレビ「ポツンと一軒家」番組データ

朝日放送・ABCテレビ「ポツンと一軒家」毎週日曜日 19時58分~20時56分 放送 衛星写真で発見!“何でこんな所に?”という場所に、ポツンと建つ一軒家を日本全国大捜索!

2022年8月28日(日) 19時58分~20時56分 の放送「ポツンと一軒家」の内容に、和歌山県「自分たちで建てたログハウスで暮らす70代のご夫婦!丹精込めて育てた4年もの自然薯を使ったお好み焼きに感激!」が登場!

1年半前に訪れた和歌山県の山の奥にあるポツンと一軒家。そこは、標高700メートルの山の中腹、大きく切り拓かれた山の斜面に、瓦葺きの三角屋根の建物と広大な段々畑が広がっていた。そこで暮らしていたのは当時70代のご夫婦。100年以上前に祖父がおよそ1500坪の山を購入して開拓したという。現在のログハウス風の母屋は足掛け10年をかけて夫婦ふたりで建てたというから驚きだ。
かつては、家の近くにウナギが生息するほどのきれいな沢があり、豊富な水量で棚田を潤していたという。しかし、水が枯れた現在は棚田を畑にして、出荷用のジャガイモや里芋、自然薯などを育てている。捜索隊は、夫婦の手によってていねいに育てられた4年ものの自然薯を使った“お好み焼き”をごちそうしてもらうことに。粘りが強いため、小麦粉を使わなくてもふっくらと焼き上がるという。捜索隊も感激した、自然薯を贅沢に使った“お好み焼き”とは!?

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家を紹介する。一軒家には、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか迫る!衛星写真だけを手がかりに、その地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく。1枚の衛星写真から、どのような人がどんな暮らしをしているのかに思いを巡らせる。MCに所ジョージとパネラーに林修。

出演者

  • 司会:所ジョージ
  • パネラー:林修
  • ゲスト:
  • ナレーション:小山茉美

朝日放送・ABCテレビ「ポツンと一軒家」公式ホームページ:https://www.asahi.co.jp/potsunto/