【第2回三田ビール検定2018】が三田市まちづくり協働センターで開催!場所は?

記事はここから

2018年11月3日(土・祝)三田市まちづくり協働センターで「第2回 三田ビール検定」が開催されますよ!

ビール文化と出逢うまち三田
日本人で初めてビール醸造に取り組んだとされる川本幸民(かわもとこうみん)。幸民のふるさと三田市は、その業績と進取の精神に敬意を表し、「三田ビール検定」を実施しています。ビールの歴史や醸造学を学び、三田の歴史・文化・風土、そして豊かな食に親しんでいただくユニークな検定です。

川本幸民(かわもとこうみん)とは
幕末の蘭学者川本幸民は、文化7(1810)年、三田藩医川本周安の三男として生まれました。蛮書調所で洋書を翻訳し、「化学」という言葉を初めて使用し、「日本近代化学の祖」といわれています。また、幕末の嘉永6(1853)年頃、日本人で初めてビール醸造実験を成功させたといわれており、その他にもマッチの製作や写真撮影に成功するなどの功績を残しています。その功績を称えるために、三田小学校の校門前には顕彰碑が建てられています。

スポンサーリンク

場所

三田市まちづくり協働センター「第2回 三田ビール検定」開催情報

  • 開催日:2018年11月3日(土・祝)
  • 時間:14:00~
  • 場所:三田市まちづくり協働センター 地図
    (三田市駅前町2-1)
  • 料金:一般 3,000円
    ペア(2人)割引 1人2,500円
    グループ割引(3人以上)1人 2,400円
  • 定員:250人※事前申込制
  • 受検資格:20歳以上(2018年4月1日時点)
  • 申し込み:2018年10月5日(金)必着
  • 申込方法:三田市ホームページ内の専用フォームより申し込み
  • お問合せ:三田市 地域戦略室 まちのブランド創造課
    電話079-559-5217
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で