【食彩の王国・東京秋川「高月清流米」新米】老舗米屋が作る「おにぎり弁当」吉野商店 吉野ゆき子さんにが登場!


2019年11月23日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・東京秋川「高月清流米」新米」の回に、東京都江東区佐賀にある老舗米屋が作る「おにぎり弁当」吉野商店 吉野ゆき子さんが登場するみたいですよ!「吉野商店」では、日替わりで様々な産地の米をつかった「おにぎり弁当」が販売されています。昼時になると「米屋のおにぎり」をもとめ客が押し寄せます。一番人気の具材は自家製の梅干しをつかったおにぎり。

老舗米屋「吉野商店」米屋のおにぎり

2013年1月 吉野商店・店頭でおにぎり販売を開始。厳選のおにぎりに最適なお米を用いたおにぎりです。
おにぎり用お米は、日替わりで全国各地銘柄ブランド米を使用。各産地のお米の味を楽しめます。

  • 白米:塩にぎり おかか 昆布 紀州南高梅 鮭 焼たらこ
  • 玄米・準備中
  • ランチ:おにぎり弁当(みそ汁つき)

老舗米屋「吉野商店」おにぎり弁当

吉野商店は、創業明治36年の老舗米屋です。おにぎり弁当が人気です。

有限会社吉野商店

  • 設立年月日:昭和37年3月1日(創業明治36年)
  • 代表役員:代表取締役 吉野佑冶
  • 所在地:
    本店:〒135-0031東京都江東区佐賀1丁目16番12号 地図
    永代倉庫・無洗米センター:東京都江東区永代2丁目22番5号
  • 電話:03-3641-0388
  • 有限会社吉野商店 公式サイト

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2019年11月23日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、東京都の米どころ秋川で穫れたブランド米「高月清流米」の新米が登場します。映像では、絶品米!美味しい!と評判の東京都秋川ブランド米「高月清流米」の魅力、ブランド化での農家の苦労、東京で収穫される新米の秘密、米店が教える新米の上手な炊き方、新米に合うおかずなどが紹介されます。