【食彩の王国・秋田県男鹿半島ハタハタ】に東京都中央区銀座西の秋田の郷土料理が味わえる「ハタハタ屋敷 有楽町店」が登場!


2020年1月11日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国」秋田県男鹿半島ハタハタの回に、東京都中央区銀座西の秋田の郷土料理が味わえる「ハタハタ屋敷 有楽町店」が登場するみたいですよ!ハタハタ屋敷 有楽町店は、秋田の郷土料理が都内でも楽しめる店です。珍味・ブリコ(=ハタハタの卵)が人気で、ブリコを抱えたメスを串刺しにしてじっくり焼き上げ、仕上げに甘いネギ味噌に焼き目をつけた香ばしいハタハタの焼き串は絶品。

東京都中央区銀座西 秋田の郷土料理が味わえる「ハタハタ屋敷 有楽町店」

ハタハタ屋敷 有楽町店は、秋田の郷土料理が都内でも楽しめる店です。

ハタハタ屋敷 有楽町店 営業情報

  • 住所:〒104-0061 東京都中央区銀座西2-2 銀座インズ2 B1F 地図
  • 電話:03-3535-5253

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2020年1月11日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、秋田県・男鹿半島の卵がたっぷり!白子がとろり、焼き串や寿司、そして名物・しょっつる鍋も人気の魚「ハタハタ」が登場します。映像では、年々漁獲高が減少しているハタハタの復活に賭ける漁師の奮闘が紹介されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で