【食彩の王国】に【場所は千葉県成田市ブランドさつまいも「大栄愛娘」「紅娘」の生みの親 JA香取(かとり)西部地区園芸部 大〇(まるだい)支部 大木 八史郎さん】が登場紹介!


2021年1月16日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第864 さつまいも」の回に、千葉県成田市ブランドさつまいも「大栄愛娘」「紅娘」の生みの親 JA香取(かとり)西部地区園芸部 大〇(まるだい)支部 大木 八史郎さんが登場するみたいですよ!

成田が生んだブランド「大栄愛娘」「紅娘」

関東でも有数のさつまいもの一大産地の千葉県成田市。ここで人気、上品な甘さでしっとりとした触感「大栄愛娘」と「大栄愛娘」から生まれた新しい品種で鮮やかなオレンジ色かぼちゃのようにねっとりとした甘味が特長の「紅娘」を生み出したのが大木八史郎さん。農家の長男として育ち、家計を支える為にさつまいも作りを始めた大木八史郎さん。試行錯誤を凝らした末、県知事賞を獲得するまでに。しかし大木さんに悲劇が襲う。さつまいものウイルスが蔓延、そして病が長女・由美子さんに。もうさつまいもを作れないかもしれない、そこに思いがけないことが起こる。映像では、「愛娘」を大切に守り続ける大木さんの想い、地下の秘密の場所にあったこだわりの栽培方法、特長を活かした料理を大木さんご家族さつまいも料理レシピを紹介。必見!

成田ブランド大栄愛娘・紅娘の生産者 大木 八史郎さん

  • JA香取(かとり)西部地区園芸部 大〇(まるだい)支部 大木 八史郎さん
  • 電話:0476-73-3768

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年1月16日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、「第864 さつまいも」が登場します。甘い蜜…ほくほく、ネットリさつまいも~新作モンブランも登場!甘い蜜たっぷりの美味「焼き芋」や絶品スイーツの新作「さつまいもモンブラン」を紹介。フレンチの匠が話題のブランド品種で、技のさつまいもフレンチを披露。

映像では、東京・銀座の行列ができる焼き芋「銀座つぼやきいも」や自由が丘にオープンしたばかりのさつまいものモンブラン専門店「いもこ」が登場。2店とも冴えわたる技で、甘くて上品な味わい。モルソー フレンチの匠 シェフ 秋元さくらさんは「さつまいもフレンチ」を紹介。千葉県成田市のブランド「大栄愛娘」と「紅娘」という品種のさつまいも、生産者 大木八史郎さんが亡き娘への思いを込めた絶品さつまいもの味わいとは?!必見です!

  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で