【食彩の王国・キムチ】神奈川県川崎市 おつけもの慶 渡田新町店「元祖!おなかいっぱいイカキムチ」が登場!


2020年1月18日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国」キムチの回に、神奈川県川崎市にある「おつけもの慶 渡田新町店」の「元祖!おなかいっぱいイカキムチ」が登場するみたいですよ!神奈川県川崎市にある人気のキムチ専門店「おつけもの慶」。店主・渥美和幸さんは、キムチ職人・城野勝さんとオリジナルのキムチを生み出すことで地元・川崎の町を盛り上げようと「辛みの中にも甘みがある日本人の口に合うキムチ」を生み出します。

おつけもの慶 渡田新町店

おつけもの慶 渡田新町店は、神奈川県川崎市にある人気のキムチ専門店です。映像で紹介される「元祖!おなかいっぱいイカキムチ」はインターネットおよび祭事販売限定です。

おつけもの慶 渡田新町店 営業情報

  • 住所:〒210-0844 神奈川県川崎市川崎区渡田新町3-7-19 地図
  • 電話:044-322-2244
  • おつけもの慶 渡田新町店 公式サイト:https://www.kei-kimuchi.jp/

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2020年1月18日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、「キムチ」が登場します。絶妙な甘みと辛み、爽やかな酸味がたまらないキムチ。川崎市にある行列のできるキムチ店「おつけもの慶」は、辛みの中にも甘みがある日本人の口に合うキムチが人気のお店です。人気のキムチは、舗青果店主人の渥美和幸さんとキムチ職人40年の城野勝さんが、さみしくなる商店街を活気づけようと開発した自家製キムチ。映像では、渥美和幸さんと城野勝さんが日本人の舌に合う「辛さの中に甘みを感じる」特別な味を生み出すまで苦労と開発秘話のほか、新作キムチの食材をつくる「防空壕」、舌がトロける驚きの新作キムチが紹介されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で