【食彩の王国・福井県坂井市 三国港 越前の宝石 甘エビ】に【場所は福井県坂井市三国町神明。生の甘エビの水揚げをする水産業者「天越丸 株式会社 三国湊 舩木水産」舩木秀二さん渉さん漁師父子・網元の女将直伝!甘エビの美味しい食べ方】が登場!


2020年10月17日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第853回 甘エビ」の回に、福井県坂井市三国町神明にある生の甘エビの水揚げをする水産業者「天越丸 株式会社 三国湊 舩木水産」舩木秀二さん渉さん漁師父子が登場するみたいですよ!

「家族で切り開く甘エビ漁の未来」として生の甘エビの水揚げをする水産業者「天越丸 株式会社 三国湊 舩木水産」舩木秀二さん渉さん漁師父子が登場。

三国港で、冷凍せずに水揚げする甘エビ漁に挑む舩木秀二さん、渉さんの親子船「天越丸」。新鮮なものを届けるため、深夜から朝にかけての日帰りで、漁を行っている。台風が多い季節には、悪天候で漁がなくなり、連日出漁しなければならないことも度々。寝る間もない過酷な漁の合間の食卓は、束の間の寛ぎのひと時となる。そんなひと時に味わう料理は妻、舩木千恵美さんが作る、網元の女将ならではの甘エビ料理。そんな甘エビのアイデアレシピが台所を飛び出して、甘エビの美味しさを全国へ届けるための商品開発に発展。思わぬ苦難を乗り越え、全国区に押し上げた甘エビの食べ方を紹介する!必見!

天越丸 株式会社 三国湊 舩木水産

天越丸 株式会社 三国湊 舩木水産は、生の甘エビの水揚げをする水産業者。船から届ける、海のごちそう。天越丸は、福井県、越前海岸・三国で穫れた新鮮な海の幸をあなたの食卓まで届けている。

天越丸 株式会社 三国湊 舩木水産 営業情報

  • 住所:福井県坂井市三国町神明2-8-3 地図
  • 電話:0776-81-2294
  • 天越丸 株式会社 三国湊 舩木水産 公式サイト:https://tenetsumaru.wixsite.com/home/

天越丸 株式会社 三国湊 舩木水産 場所

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2020年10月17日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第853回 甘エビ」内容は、「越前の宝石・美味!甘エビ」が登場します。越前で活躍する漁師一家を訪ね、旬の甘エビの味わいを紹介。常に危険と隣り合わせの漁で人手不足で廃業する漁師も多い。そんななか甘エビ漁にこだわる舩木秀二さん渉さん漁師父子に密着!越前・三国港の漁師、舩木秀二さん一家と女将さん会は「地元の名産・甘エビの美味しさを全国に広めたい」と活動。今が旬の甘エビ漁師は天候に左右され、寝る時間もない。そんな漁師を支えながら、新たな商品開発に励む漁師の妻たち、みんなで地元の活気を支えている。映像では、甘エビ漁に人生を賭けると決意した舩木さんの息子・渉さんに喜ぶ舩木さん夫婦。地元の匠が逸品「祝い寿司」を振舞う!必見!

  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で