【食彩の王国・福井県 常神半島 アオリイカ】に【場所は福井県。若狭ならではの逸品!新鮮なアオリイカを細く切り、特製のタレでいただく「いかそうめん」福井の珍味「越前うに」を塗って焼いた「うに焼き」】が登場紹介!


2020年11月21日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国」の回に、「アオリイカ・福井県 常神半島」が登場するみたいですよ!

今回の食彩の王国は福井県 常神半島アオリイカが食材として登場。若狭湾の恵みを堪能!とし

日本海に面した若狭湾では浅瀬が多く藻場がひろがりアオリイカなどの産卵場所に適している。春から夏にかけて生まれたアオリイカは秋になると食べ頃なサイズに成長する。地元では「秋イカ」と呼ばれ親しまれている。食べ方は新鮮なアオリイカを細く切り、特製のタレでいただく「いかそうめん」や福井の珍味「越前うに」を塗って焼いた「うに焼き」など逸品ぞろい。イカの香ばしい香り濃厚なうにの風味が食欲をそそる。秋の若狭ならではの逸品が紹介される!必見!

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2020年11月21日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、「福井県 常神半島 若狭湾の美味!旬の水晶の如く輝くアオリイカ」が登場します。日本三景の天橋立から福井県敦賀の若狭湾から旬のアオリイカの味わいを紹介。「活き」にこだわる漁師と自ら辿った「食の原点」を見つめ直すシェフとの友情物語!シェフは渾身のアオリイカ料理レシピを披露する!

連日予約殺到!昭和9年創業の「よし乃や」三代目、井上悦幸さんがつくるアオリイカ丸々一杯分の贅沢丼は圧巻。イカそうめんは白い水晶のような美しさ 若狭湾の料理人たちが数々の技を紹介。また、アオリイカ漁師の重田利男さんに密着し、トローリングでの一本釣りを見学。アオリイカの「活き造り」にこだわり続ける理由に迫る。そして、そんな重田さんを訪ねる福井県敦賀市「リストランテ カルド」のオーナーシェフ川端治雄さんが、今後の自分の料理のヒントを探し、漁師・重田さんと向き合い、シェフ渾身のアオリイカ料理を披露する!必見!

  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で