【食彩の王国・鴨肉】兵庫県神戸市ミシュラン一つ星 河内鴨(かわちがも)料理「田ぶち」田渕耕太さんが登場!


2020年3月14日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国」の回に、兵庫県神戸市にあるミシュラン一つ星 河内鴨料理専門店(かわちがもりょうりせんもんてん)「田ぶち」田渕耕太さんが登場するみたいですよ!映像では、神戸で河内鴨料理の専門店を営む田渕耕太さんと大阪のブランド鴨「河内鴨」を育てる津村佳彦さんとの師弟関係が描かれるほか、河内鴨をつかった、皮目しっかり焼き、中はレア、噛むほどに鴨の旨味が口いっぱいに広がる「炙り」、甘みのある脂がしみこんだ「炊き込みご飯」や「鴨鍋」、河内鴨の新しい魅力を表現した生産者の津村さんに向けた感謝の一皿が紹介されます。

河内鴨料理専門店「河内鴨料理 田ぶち」

大阪のブランド鴨「河内鴨」を専門にあつかう料理専門店「河内鴨料理 田ぶち」。豊臣秀吉が近江の長浜から大阪に居城を移してから愛した鴨肉。秀吉が大阪でも同じように鴨肉を食べたいと飼育を奨励したのがはじまりで、大阪は一大産地として鴨の飼育が産業化し発展してきた。現在、そんな昔ながらの鴨を育てているのは河内松原に140年もの歴史をもつ生産者「ツムラ本店」すなわち「究極の鴨・河内鴨」のみ。「河内鴨料理 田ぶち」では、そんな昔ながらの絶品の河内鴨が味わうことができる。看板メニューはブランド鴨「河内鴨」をつかった「だし鍋」。

河内鴨料理 田ぶち 営業情報

  • 住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-25-6 ラ・ドルレイ神戸三宮ビル5階 地図
  • 営業時間:17:00~22:00 ※完全予約制
  • 定休日:日曜日
  • 電話:078-200-6170
  • 河内鴨料理 田ぶち 公式サイト:http://www.tabuchi-kobe.jp/

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2020年3月14日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、「鴨肉」が登場します。旨味に溢れ、柔らかな食感と肉の甘みが抜群魯山人も愛した琵琶湖の極上鴨肉と大阪ブランド合鴨肉「河内鴨(かわちがも)」を紹介。大阪ブランド合鴨肉「河内鴨(かわちがも)」では、松原市にあるツムラ本店の鮮度にこだわり近隣にしか鴨肉を卸さないガンコ職人 津村佳彦さんと神戸のミシュラン一つ星を獲得した河内鴨料理専門店「田ぶち」田渕耕太さんの師弟関係や、ブランド・河内鴨だけで勝負する名店主人の技の逸品、蓮の葉を使った「香りの魔術」が披露される。