【食彩の王国・鴨肉】大阪ブランド合鴨肉「河内鴨(かわちがも)」大阪府松原市ツムラ本店 津村佳彦さんが登場!


2020年3月14日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国」の回に、大阪府松原市にある「河内鴨(かわちがも)」ツムラ本店 津村佳彦さんが登場するみたいですよ!生でも食べられるほど新鮮でうまい大阪で人気のブランド合鴨肉「河内鴨(かわちがも)」を飼育から精肉、販売まで一貫生産を手掛ける津村佳彦さん。「朝引き」にこだわり、販売は一日200羽、遠方に運べば鮮度がおちるので取引する店は大阪近郊のみ。英国産の合鴨「チェリバレー種」を通常より長い75日間飼、育肉の旨味を追求。飼育小屋のひろさや5年がかりで開発したエサなどで、日本一「安全で新鮮な鴨肉」を育てている。映像では、そんな鴨肉にこだわる津村佳彦さんと、河内鴨(かわちがも)の魅力にほれ込んだ河内鴨料理専門店「田ぶち」田渕耕太さんの師弟関係が描かれます。

有限会社ツムラ本店

ブランド鴨肉「河内鴨」を生産するツムラ本店。郵送販売は行っておりません。店頭受け取りのみの販売です。

有限会社ツムラ本店 営業情報

住所:〒580-0005 大阪府松原市別所8-10-24 地図
電話:072-334-1111

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2020年3月14日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、「鴨肉」が登場します。旨味に溢れ、柔らかな食感と肉の甘みが抜群魯山人も愛した琵琶湖の極上鴨肉と大阪ブランド合鴨肉「河内鴨(かわちがも)」を紹介。大阪ブランド合鴨肉「河内鴨(かわちがも)」では、松原市にあるツムラ本店の鮮度にこだわり近隣にしか鴨肉を卸さないガンコ職人 津村佳彦さんと神戸のミシュラン一つ星を獲得した河内鴨料理専門店「田ぶち」田渕耕太さんの師弟関係や、ブランド・河内鴨だけで勝負する名店主人の技の逸品、蓮の葉を使った「香りの魔術」が披露される。