「食彩の王国・愛知県豊三河湾あさり」に愛知県田原市 魚と貝のうまい店 割烹旅館「玉川」焼串あさり・あさりの押し寿司が登場!


2020年3月21日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・あさり」の回に、愛知県田原市にある魚と貝のうまい店 割烹旅館「玉川」焼串あさり・あさりの押し寿司が登場するみたいですよ!あさり漁獲量日本一を誇る愛知県。ミネラル豊富な三河湾で育つあさりは、肉厚で味も食感も一級品で日本一といわれます。そんなあさりの産地である渥美半島は「貝の半島」とも呼ばれ、地元では長きにわたり受け継がれてきたあさりの調理法があります。映像では、大正7年創業の割烹旅館「玉川」のかつて徳川幕府にも献上された、旨みが凝縮した珍味で、名物料理の、あさりをむき身にしたものを4粒ほど串にさして天日干しした「焼串あさり」や、あさりをしぐれ煮に水飴を加えてコクを出し、寿司飯の上に敷き詰め、型で作り雅やかな雰囲気を演出、ハレの日に食べるご馳走「あさりの押し寿司」が紹介されます。

魚と貝のうまい店 お食事・旅館 玉川

渥美半島 地元料理を堪能できる、魚と貝のうまい店「お食事・旅館 玉川」。「お食事・旅館 玉川」は渥美半島 伊良湖のお食事や宿泊ができる旅館、100種類以上の食材を使った献立がある。 魚と貝のうまい店 玉川は、大正七年初代石井常助が鰻屋として開業。2018年で創業100周年を迎える老舗。以来様々な形を経て現在のお食事処、旅館の体制で営業している。

魚と貝のうまい店 お食事・旅館 玉川 営業情報

  • 住所:愛知県田原市福江町中紺屋瀬古22-1 地図
  • 電話:0531-32-0234

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2020年3月21日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、愛知県で貝の半島とよばれる渥美半島「三河湾あさり」が登場します。映像では、旬のプリプリの江戸前絶品あさりの美味しさ、名産地三河湾のあさりの絶滅危機に立ち向かい復活に賭ける細田光則さんをはじめとした若手漁師軍団「漁栄会」の男たちにエールを送る、伊良湖ホテル&リゾート「クランマラン」名匠 鈴木康弘シェフのあさりフレンチのフルコースが登場する。三河湾のあさりは外敵がとても多く、絶滅の危機に瀕していました。そんな絶滅に瀕していたあさりを再生させようと新たな取り組みをはじめたのが地元漁師の細田光則さんをはじめとした若手漁師軍団「漁栄会」の男たちです。今回は、そんなあさり復活にとりくむ男達に宮内庁御用達のフレンチ料理店で修業を重ねた匠がエールをこめて披露するあさりのフルコースの逸品をご馳走します。