【食彩の王国・埼玉県ブランド名 彩の国黒豚】に【場所は埼玉県熊谷市新堀。黒豚とんかつ・しゃぶしゃぶ「レストラン とんふみ」】が登場!


2020年8月29日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第846回 豚肉」の回に、埼玉県熊谷市新堀にある「黒豚とんかつ・しゃぶしゃぶ レストラン とんふみ」が登場するみたいですよ!

西郷隆盛も徳川慶喜公も豚肉大好き!薩摩藩江戸屋敷跡、その場所からは大量の豚の骨が出土したという。鹿児島では豚を「歩く野菜」という。豚肉は薩摩武士たちの活力源。維新の英雄だった西郷隆盛の好物、それは郷土料理「豚骨」。郷土料理「豚骨」は骨ごとしょう油と砂糖でぐつぐつ煮込んだもの。そして第15代将軍徳川慶喜公も豚肉が好物。一橋家出身の慶喜公は、親しみを込めて「豚一さま」と呼ばれていた。それほど豚肉は古くから日本人に愛されてきた貴重なタンパク源だった。今回は、埼玉県に100年以上の歴史を誇る「黒豚」のブランド「彩の国黒豚」を紹介!

黒豚とんかつ・しゃぶしゃぶ レストラン とんふみ

レストランとんふみでは、彩の国黒豚を味わうことができるお店。黒豚とんかつ・しゃぶしゃぶ とんふみは素材に徹底的にこだわり,自然のままに育て、作り方にこだわった新鮮で安心の食材をご提供しているお店。

黒豚とんかつ・しゃぶしゃぶ レストラン とんふみ 営業情報

  • 住所:〒360-0841 埼玉県熊谷市新堀 地図
  • 電話:048-532-4129
  • レストラン 黒豚とんかつ・しゃぶしゃぶ とんふみ 公式サイト:http://www.tonfumi.com/

黒豚とんかつ・しゃぶしゃぶ レストラン とんふみ 場所

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2020年8月29日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第846回 豚肉」内容は、「埼玉県ブランド名 彩の国黒豚」が登場します。

徳川将軍も愛した豚肉から脱サラ 東京・北千住 九龍酒樓(カオルンシュロウ)「香港式の釜焼きチャーシュー」小川敏朗さん「絶品の釜焼きチャーシュー」さらには、彩の国(埼玉)で40年育まれてきた黒豚農場を営む橋本雄二さんの極上黒豚まで。今日は29(ニク)の日ならではの味わいをお届けします全国の銘柄豚の中でも、知られざる黒豚が埼玉県にいるのです。ブランド名・彩の国黒豚。脂身は大理石といわれるほど真っ白で、きめの細かい肉質は柔らかくてジューシー。まさに極上のブランド黒豚なのです。今回は約100年前に遡り、埼玉県に黒豚が根付いたワケと、その生産者 橋本雄二さんの苦悩と努力に迫ります。また、他にも、日本料理・手打ち蕎麦 中正屋 小江戸川越で和食の匠 大里利光さんなど豚肉に魅せられた男たちの「技とこだわり」を紹介。きょう29日(ニクの日)ならではの一品をお届けします。

  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で