【食彩の王国・長野県原村 高原セロリ】に【場所は長野県原村。夏の生産量日本一!原村のセロリを全国へ!セロリ農家3代目の小池国昭(こいけくにあき)さん琢磨さん】が登場!


2020年9月5日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第847回 涼味!高原セロリ」の回に、にある「」が登場するみたいですよ!

大正時代にセロリ栽培がはじまった長野県原村。戦後から洋食文化が発達したのにあわせ生産は本格化した。現在夏の生産量日本一。セロリ農家3代目の小池国昭(こいけくにあき)さんは、午前1時に暗闇の中家族総出で行う収穫をおこなう。暑さに弱いセロリは陽が昇るまでが勝負だという。鮮度を保ち専用の包丁を使って一株ずつ手作業で収穫する。小池さんのセロリは味がまろやかで食感もシャキシャキ、柔らかく食べやすいと評判。今は地元の農業学校に進学した息子の琢磨さんが。そんな父親の背中を追いかけ仕事を手伝う。この道30年以上の小池さん。未だ悩まされている土の病気をなんとか解決したいと研究を続けている。今回は栽培や研究の日々、セロリ農家の新たな挑戦と親子の挑戦が紹介される。必見!

シャキシャキとした食感が美味しい、厳しい残暑が続くこの時期にうってつけの爽やかな食材セロリ。鼻を抜ける香りには食欲増進効果があるといわれる。和食をはじめフレンチ、中華様々な料理で活躍している。今回は「セロリ」の新たな魅力夏の生産量日本一長野県原村で、セロリ農家の挑戦と親子の絆の物語を追いセロリ最前線に迫る。

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2020年9月5日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、「涼味!高原セロリ」が登場します。いま話題になっているパインの味の「セロリのかき氷」。深夜に収穫するブランド高原セロリの美味しさの秘密から、一流シェフが仕立てるセロリのメインディッシュまで涼味満点の映像内容!必見!

今回の舞台は、全国の9割のセロリを生産している長野県原村です。生産者の小池国昭(こいけくにあき)さんは「セロリはとにかく育てるのに手間がかかる」という。こまめな水やり、虫に弱く、肥料もたくさん与える。そして収穫は日の出前までに終えなくてはならない。そしてやがて襲ってくる畑の連作障害など数々の困難に立ち向かいブランドの高原セロリを作った小池さん親子に密着。またブランドセロリの噂を聞きつけたフレンチ「オーベルジュ エスポワール」の一流シェフ、藤木さんとの交流、生み出す逸品の料理に密着!必見!

  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で