【食彩の王国・千葉県 銚子サバ】に【場所は千葉県銚子市西芝町。銚子産の干物、鮮魚の販売!ひもの工房あてんぼう「銚子極上さば」を丸ごと1匹使った干物】が登場紹介!お取り寄せ・通販売・オンラインネットショップは?


2022年1月8日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第912回 銚子サバ」の回に、にある「銚子自慢の鮮魚料理を味わうなら 観音食堂 丼屋 七兵衛」が登場するみたいですよ!

「銚子極上さば」を使った人気グルメ
サバの水揚げ量全国1位を誇る の銚子漁港では今、水揚げが最盛期。地元では700gを超える大型のサバを「銚子極上さば」と名付けブランド化しています。「ひもの工房あてんぼう」では「銚子極上さば」を丸ごと1匹使った干物が人気。うま味を凝縮させ、ふっくらとした仕上がりにするこだわりの製法とは?

ひもの工房あてんぼう

銚子産の干物、鮮魚の販売 ひもの工房 あてんぼう。千葉県銚子産の干物、鮮魚の販売する株式会社 阿天坊が運営するお店

  • 住所:〒288-0044 千葉県銚子市西芝町14−16
  • 電話:0120-812-123
  • 公式サイト

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2022年1月8日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、「第912回 銚子サバ」が登場します。

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/