【食彩の王国・新米】が【場所は茨城県城里町。「ななかいの里コシヒカリ」生産者・盛田守さんと妻みち子さん塩おにぎり新米料理レシピ】登場紹介!


2021年10月16日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第901回  新米」の回に、茨城県・城里町の「ななかいの里コシヒカリ」生産者・盛田守さんと妻みち子さんが登場!出演は

「お米コンテストで金賞!夫婦で作る甘さ際立つ新米」
田園風景が広がる茨城県・城里町。山に囲まれて昼夜の寒暖差が大きく、甘いお米が育つそうです。藩政時代は水戸藩への献上米だったと伝わっています。お米コンテストで上位入賞の常連が「ななかいの里コシヒカリ」。その生産者・盛田守さんと妻みち子さんは、稲刈りの真っ最中です。コンバインで刈れない部分は、腰を曲げながら手刈りする大変な仕事。
「塩おにぎりは新米の美味しさが一番分かる」というみち子さん。息子の妻と共に昼食の準備をします。米はもちろん自家製米。家族で食べる塩おにぎりは仕事の活力です。
さらに、家庭で簡単に作れる、秋の食材を合わせた新米レシピも教えていただきます。

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年10月16日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、 新米「銀座の匠“新米”炊き上げの技‼水戸黄門が愛した鮭料理とは」が登場!「米が炊き上がる直前の“煮え花”を味わうことが至福だ」と銀座の割烹料理の匠は語ります。本日は、新米の美味しさを求めて“日本一の米の里”を訪れ、その秘密に迫ります。

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/