【食彩の王国・埼玉県狭山市 里いも】に【場所は東京都渋谷区恵比寿。狭山出身・高級和食店の匠・城田澄風さん料理レシピ】が登場紹介!


2021年10月30日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第903回 里いも」の回に、東京都渋谷区恵比寿にある「狭山出身・高級和食店の匠・城田澄風さん料理レシピ」が登場するみたいですよ!

「同郷の和の匠 里いもが繋ぐ絆」
今、様々な料理人から愛される白倉さんの里いも。東京・恵比寿で評判の高級和食店の匠・城田澄風さんも狭山出身で、郷土の里いもを愛する一人です。その美味しさの秘密を探るため、この日、初めて白倉さんの畑を訪ねました。そこで発見したのが、普段は出荷されない「親いも」とその上にある「芋茎」。それらも生かして、白倉さんに感謝の新作料理を作ります。里芋を主役にした白煮は、ある意外な具材と掛け合わせることで、濃厚で香り豊かな一皿に!さらに、炊き込みご飯には、里いもの食感を生かす斬新な仕掛けも!秋の食材として欠かせない里いもの持ち味を、最大限に引き出します。

「狭山出身の和食の匠の店」紀風

住所:東京都渋谷区恵比寿1-31-10
TEL:03-5422-7792

公式サイト

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年10月30日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第903回 里いも」内容は、「ねっとり甘い!狭山の里いもに賭ける13代目の情熱と技」が登場します。いま女子に大人気の「里いもスイーツ」や旬の「里いもフレンチ」そして、13代目農家 埼玉県狭山市 白倉崇弘さんが挑む新たな里いもグルメを紹介。また東京・恵比寿で評判の高級和食店の匠・城田澄風さんも狭山出身で、郷土の里いもを愛する一人。普段は出荷されない「親いも」とその上にある「芋茎」。それらも生かして、白倉さんに感謝の新作料理を披露。全国で大人気の狭山市の里いもの秘密に迫ります

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で