【食彩の王国・茨城県笠間市ブランド和栗】に【場所は茨城県笠間市吉岡。栗の匠の加工品 小田喜商店 小田喜保彦さん】が登場紹介!


2021年10月9日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国」の回に、茨城県笠間市吉岡にある「栗の匠の加工品 小田喜商店 小田喜保彦さん」が登場するみたいですよ!

笠間の栗の魅力を全国に向けてアピールしようと奮闘する、東京・渋谷にあるモンブラン専門店と「小田喜商店」の小田喜保彦さんは、新たな商品を開発しようと栗が本来持つ甘みを引き出す取り組みに挑戦。それはおよそ-1℃に設定された冷蔵庫で栗を「氷温熟成」させること。果たして栗はどのような味に変化したのでしょう?そして氷温熟成した栗を使って竿代さんが料理に挑む。

栗の匠の加工品 小田喜商店

住所:茨城県笠間市吉岡185-1
TEL:0299-45-2638

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年10月9日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第900回 栗」内容は、「手作りモンブラン2000人待ち‼美味和栗の秘密」が登場します。渋谷で大評判の手作りモンブラン店が使う「こだわりの和栗」の秘密に迫ります。美味で希少なブランド和栗をさらに美味しくする匠茨城県笠間市にある「小田喜商店」の小田喜保彦さんと渋谷のモンブラン専門店モンブランスタイル(Mont Blanc STYLE)竿代信也さんの二人三脚と、和栗への情熱を追いました。

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/