【食彩の王国・白菜オレンジクイン】に【場所は茨城県八千代町。生産者家族 猪瀬義明さんや婿養子の伸さん新品種開発・オレンジ白菜・郷土の味 いびり飯料理レシピ・簡単時短白菜料理レシピ】が登場紹介!


2021年11月27日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・茨城県八千代町 白菜」の回に、にある「」が登場するみたいですよ!

「冬野菜の王様、白菜」日毎に寒さが募るこの頃、暖かい鍋料理が恋しくなります。鍋に欠かせない食材といえば、やっぱり白菜!冷え込むにつれて甘みが増し、シャキシャキした歯応えがたまりません。漬物にしても、中華にしてもおいしい万能野菜、白菜を紹介!

「豊かな白菜王国・八千代町の人々」として茨城県八千代町を紹介。八千代町は白菜の生産量日本1(夏を除く)。1960年代に当時の農林省により白菜の指定産地に選ばれ、質のいい白菜を生産し続けています。生産者家族 猪瀬義明さんには白菜をつかった手軽に作れる“いびり飯”、郷土の味から意外な活用法まで、簡単レシピを紹介してもらう。

また、「オレンジ白菜xイタリアンの匠」として、猪瀬さんの婿養子・伸さんが新品種開発に挑戦に密着。開発のオレンジクインという、鮮やかなオレンジ色の白菜は、菜の花のような豊潤な香りがして創作イタリアンの匠、鈴木弥平シェフは感動!猪瀬さんのキッチンをお借りはオレンジクインをつかった料理レシピを披露する!必見!

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年11月27日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第907回 白菜」内容は、「甘い!白菜がオレンジ色って⁉三代目農家“婿どの”の挑戦」が登場します。

冬野菜の王様・白菜が主役。名店の匠も絶賛する茨城・八千代町で今人気なのが“オレンジクイン”。甘くて香りが強いと評判のオレンジ白菜に賭ける生産者家族 猪瀬義明さんや婿養子の伸さんが新品種開発に挑戦を追いました。また麻布十番にある、ミシュランガイド東京に14年連続で掲載されている創作イタリアンの店 創作イタリアンの匠・鈴木弥平シェフの白菜料理レシピも!

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で