【食彩の王国・茨城県八千代町 白菜オレンジクイン】に【場所は東京都中央区日本橋人形町。大人気の白菜料理の店「もつ鍋やましょう 人形町店」店長 犬丸美寛さん 白菜ミルフィーユ鍋料理レシピ】が登場紹介!


2021年11月27日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・茨城県八千代町 白菜」の回に、にある「「もつ鍋やましょう 人形町店」店長 犬丸美寛さん 白菜ミルフィーユ鍋」が登場するみたいですよ!

「冬野菜の王様、白菜」日毎に寒さが募るこの頃、暖かい鍋料理が恋しくなります。鍋に欠かせない食材といえば、やっぱり白菜!冷え込むにつれて甘みが増し、シャキシャキした歯応えがたまりません。漬物にしても、中華にしてもおいしい万能野菜、白菜が今回の主役。

東京・人形町に大人気の白菜料理を出す店があります。店長の犬丸美寛さんが使うのは、外側のしっかりした葉の部分。豚肉と葉を幾重にも重ね、鍋いっぱいに敷き詰めて割り下で煮れば…ミルフィーユ鍋を紹介!

大人気の白菜料理の店「もつ鍋やましょう 人形町店」

住所:東京都中央区日本橋人形町2-25-19
TEL:03-3249-2015
https://www.motu-yamasyou.com/store/#ningyouchou

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年11月27日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第907回 白菜」内容は、「甘い!白菜がオレンジ色って⁉三代目農家“婿どの”の挑戦」が登場します。

冬野菜の王様・白菜が主役。名店の匠も絶賛する茨城・八千代町で今人気なのが“オレンジクイン”。甘くて香りが強いと評判のオレンジ白菜に賭ける生産者家族 猪瀬義明さんや婿養子の伸さんが新品種開発に挑戦を追いました。また麻布十番にある、ミシュランガイド東京に14年連続で掲載されている創作イタリアンの店 創作イタリアンの匠・鈴木弥平シェフの白菜料理レシピも!

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で