【食彩の王国・埼玉県坂戸市 木桶仕込みの醤油蔵 弓削多醤油(ゆげたしょうゆ)】に【場所は埼玉県日高市田波目。弓削多醤油が運営する醬油に関する資料館兼販売施設・生醤油の料理が味わえる施設「彩の国 醤遊王国」醤油工場見学だけでなく、食べたり遊んだりしながら、醤油について学べる】が登場紹介!しぼり体験・木桶で遊ぶ・工場案内・もろみ攪拌風景・蔵元直売所・軽食コーナー・醤油スイーツ(醤油ソフト(醤遊ソフト)・醤油プリン(醤遊プリン)・醤遊ロール・生クリームどら焼(しょうゆ味)・しょうゆ飴・醤油アイス 醤くりーむ 豆つぶ・醤油アイス 醤くりーむ マーブル・もろみかすてら・くるみゆべしがある・通販売・お取り寄せ・オンラインネットショップは?


2021年2月20日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第869回 醤油(しょうゆ)」奥深きしょうゆの世界の回に、にある生醤油の料理が味わえる店「醤遊王国」が登場するみたいですよ!

日本人の食卓になくてはならない調味料、しょうゆ。日常的に使うものだからこそ、その味の奥深さを追求したい。近代化の波におされ、昔ながらの木桶で仕込む手作りのしょうゆは、今では全国出荷量の1%以下になりました。今回は、その伝統製法を受け継ぐ蔵元たちの情熱に迫る。映像では生醤油の料理が味わえる店として醤遊王国を紹介。

生醤油の料理が味わえる施設「彩の国 醤遊王国」

醤遊王国は、埼玉県日高市田波目にある弓削多醤油が運営する醬油に関する資料館兼販売施設。正式名称「彩の国 醤遊王国」といいます。醤油工場見学だけでなく、食べたり遊んだりしながら、醤油について学べるところです。

「彩の国 醤遊王国」営業情報

  • 住所:埼玉県日高市田波目804-1 地図
  • 電話:042-985-8011
  • 醤遊王国 公式サイト:http://yugeta.com/oukoku/

「彩の国 醤遊王国」場所

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年2月20日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第869回 醤油(しょうゆ)」内容は、「味の決め手・醤油…伝統の木桶醤油作りに賭ける友情物語」が登場します。江戸前寿司に欠かせない醤油。中には、バニラアイスと相性の良い醤油も登場。全国の醤油味比べから、埼玉県坂戸市の弓削多醤油(ゆげたしょうゆ)四代目 弓削多洋一さん伝統の木桶で作る醤油までの職人魂を紹介。

今では数少なくなった木桶で作る伝統の醤油を追う。香り高くて美味しいと評判、100年以上使用できる木桶で作る醤油。木桶作りの職人が引退で存続の危機に。最後の木桶職人から受け継いだ技を基に、全国の醤油蔵のメンバーが醤油の本場・香川県小豆島で木桶作りに参加伝統の醤油を未来へと繋ぐ。

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で