【食彩の王国・栃木県那須町 美味!森林ノ牧場 森の発酵バター】に【場所は栃木県那須郡那須町高久乙。スキムミルクを使ったお菓子の販売店 バターのいとこ・無脂肪乳から作ったミルク感たっぷりのジャムをバターが香り立つゴーフル(ワッフル)生地でサンド。「ふわっ・シャリッ・とろっ」の3つの食感がたのしい那須のしあわせ新銘菓「バターのいとこ」】が登場紹介!通販売・お取り寄せ・オンラインネットショップは?


2021年3月6日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第871回 バター」の回に、にある「スキムミルクを使ったお菓子の販売店 バターのいとこ」が登場するみたいですよ!

スキムミルクを使ったお菓子の販売店 バターのいとこ

無脂肪乳から作ったミルク感たっぷりのジャムをバターが香り立つゴーフル(ワッフル)生地でサンド。「ふわっ・シャリッ・とろっ」の3つの食感がたのしい那須のしあわせ新銘菓「バターのいとこ」です。

スキムミルクを使ったお菓子の販売店 バターのいとこ

  • 住所:〒325-0303 栃木県那須郡那須町高久乙2905-25 地図
  • 電話:0287-62-2100
  • バターのいとこ 公式サイト:https://butternoitoko.com/
  • バターのいとこ 公式通販サイト ごいちの未来いちば:https://shop.chus-nasu.com/products/butternoitoko_assort

バターのいとこ 場所

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年3月6日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第871回 バター」内容は、「匠も惚れた…美味!森の発酵バター」が登場します。きょうは食卓の名脇役・バター最前線。SNSやYouTubeで人気の料理研究家、リュウジさん バターを使った時短「バズレシピ」や食べるカラフルバター、さらには人気の手作り発酵バターに賭ける生産者の情熱に迫る。バター作りには大量の牛乳が必要。栃木県那須町にある小規模な牧場「森林ノ牧場」山川将弘さんが、手作りの発酵バターにこだわり、作り続ける情熱と創意工夫を追う。海外では主流といわれる発酵バター。銀座のフレンチミシュランシェフも認める店「ラルジャン(L’ARGENT)」を構える若手シェフ・加藤順一さん、「森の発酵バター」の味わいを紹介する。

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で