【食彩の王国・横浜中華街の食材】に【場所は神奈川県横浜市中区山下町。「乾貨(かんか)」を使った北京料理の老舗「華正樓 横浜中華街 新館」(かせいろうしんかん)料理長 曽村旺さん】が登場紹介!


2021年4⽉24⽇(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第878回 横浜中華街の食材」の回に、神奈川県横浜市中区山下町にある北京料理の老舗「華正樓 横浜中華街 新館」が登場するみたいですよ!

伝統食材「乾貨」を生かす匠の技。乾燥させることで旨みが増し独特の食感を持つ乾貨は中国の食文化の中で重要な役割を担ってきました貴重なフカヒレやアワビ、ナマコなどの「乾貨(かんか)」と呼ばれる乾物。乾燥させることで旨みが増し独特の食感を持つ乾貨は中国の食文化の中で重要な役割を担ってきました。その乾貨を料理に生かす技を老舗「華正樓」の料理長・曽村旺さんが紹介。高級食材・フカヒレを使った極上料理レシピの一皿を紹介!

「乾貨」を使った北京料理の老舗 華正樓 横浜中華街 新館

住所:神奈川県横浜市中区山下町164
電話:045-661-0661

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年4⽉24⽇(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、第878回 横浜中華街の食材「熱々!美味しい!行列のできる名店の味と技、横浜中華街の食材物語」が登場します。歴史ある横浜中華街の独特な食材。中華料理に欠かせないチンゲン菜を生産する日本人農家と老舗名店主人との絆に迫る。中華料理の名店の危機を救った生産者の秘策を紹介。ふかひれ、あわび、ナマコ…中華料理の中でも高級食材といわれる食材は、古来、中国では「乾貨」といい、お金代わりに使われてきました。それを中華街独特の調味料と合わせて作る名店料理の数々。熱々で絶品!さらに披露される技のオンパレード!横浜中華街の老舗名店の料理に秘められた、貴重な食材の物語をお届けします。そして、老舗名店のために改良に改良を重ねた、チンゲン菜農家の技とアイデアを披露!

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で