【食彩の王国・千葉県鴨川市 かずさ和牛】に【場所は千葉県鴨川市横尾。うま味の強い赤身と軽やかな脂!髙梨牧場のかずさ和牛 髙梨牧場 髙梨裕市さん】が登場紹介!


2022年2月26日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第918回 千葉県鴨川市かずさ和牛」の回に、千葉県鴨川市横尾にある「ずさ和牛 髙梨牧場 髙梨裕市さん」が登場するみたいですよ!

「若き匠が育てるかずさ和牛 美味しさの理由に迫る!」
千葉県鴨川市にある髙梨牧場を訪ねました。かずさ和牛の生産者、髙梨裕市さんは現在40歳。農林水産大臣賞を7度受賞する等、注目の畜産農家です。今回、そのこだわりの肥育法を教えて頂きました。何よりも大切にしているというのが「内蔵機能を高める」こと。さらに、牛にストレスを与えない生活空間の工夫とは!?一体、どのように肥育しているのでしょうか。さらにお家で出来る、簡単で美味しいかずさ和牛料理も紹介していただきます。

「牛の命を守る 若き匠挫折と情熱の日々」
“畜産農家に生まれたこと”に背を向け、生きてきた髙梨裕市さん。父の手伝いをすることになり1年、世話をしてきた牛たちの出荷に初めて立ち会った時のことでした。去っていく牛の目を見て、「命の重み、牛の命があって現在の自分がいられるんだ」と髙梨さんの感情が湧きあがったのです。そこから髙梨さんは独学で黒毛和牛の肥育を始めることに。しかし、肥育はうまくいかず、牛を死なせてしまうことも…。そんな時、髙梨さんは”畜産のスペシャリスト”に救いを求めます。美味しい和牛作りに必要なこととは、何だったのでしょうか!?さらに、2019年千葉県を襲った房総半島台風。髙梨牧場の牛たちは命の危機に直面します。髙梨さんが牛の命を守るために行った行動とは!?若き匠と牛たちの10年あまりの奮闘の日々を辿ります。

うま味の強い赤身と軽やかな脂!髙梨牧場のかずさ和牛 髙梨牧場 髙梨裕市さん

住所:千葉県鴨川市横尾725
TEL:04-7097-0880

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2022年2月26日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、「若き匠の味…ブランド和牛“かずさ和牛”に賭ける情熱物語」が登場します。

数々の賞を総ナメにする若き畜産農家 髙梨牧場 髙梨裕市さんの「かずさ和牛」の濃厚なうまみの秘密に迫ります。さらに、肉の匠 肉懐石 おにく花柳 店主、片柳遥さんが春香る、技の逸品を披露します。それはまさに「記憶に残る味」です

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/