【食彩の王国・秩父きゅうり】に【場所は東京都港区南青山。菰田欣也シェフが作り上げる独自の四川料理「4000 Chinese Restaurant(ヨンセン チャイニーズ レストラン)」きゅうり料理レシピ】が登場紹介!


2022年5月21日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第930回 秩父きゅうり」の回に、東京都港区南青山にある四川料理「4000 Chinese Restaurant(ヨンセン チャイニーズ レストラン)」が登場するみたいですよ!

「秩父きゅうり×中華の匠 炎の傑作」
中国料理の世界大会で日本人初の金賞を受賞するなど、卓越した四川料理で多くの食通をうならせる「4000 Chinese Restaurant」オーナーシェフ・菰田欣也さん。そんな菰田シェフをもってして難しい食材と言わせるのが、きゅうり。個性的なきゅうりの味を全面に押し出した新メニューを作るべく、訪ねたのが秩父きゅうり生産者の黒澤さんのもと。実際にきゅうりが作られている現場を見て、菰田シェフが新作料理に挑みます。注目したのは、秩父きゅうりから出た水分。秩父きゅうりの全てを使うという菰田シェフ。きゅうりが主役となる一皿…一体どんな料理になるのでしょう?

菰田欣也シェフが作り上げる独自の四川料理「4000 Chinese Restaurant(ヨンセン チャイニーズ レストラン)」

住所:東京都港区南青山7-10-10 パークアクシス南青山7丁目1F
TEL:03-6427-9594(完全予約制)

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2022年(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第930回 秩父きゅうり」内容は、「初夏の美味!ブランド“秩父きゅうり”で仕立てる中華の匠・炎の新作」が登場します。きゅうりでウニの軍艦寿司!?きょうの主役は初夏のきゅうりです。中華の匠「4000 Chinese Restaurant」オーナーシェフ・菰田欣也さんが生産地・秩父へ秩父きゅうりを作る名人 農家 黒澤忠弘さんを探訪。美味で個性の強いブランドきゅうりの秘密を探りつつ、炎の傑作を仕立てます。

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/