【食彩の王国・湘南の白ナス】に【場所は東京都千代田区丸の内3丁目。東京會舘のメインダイニング東京會舘「レストラン プルニエ」松本浩之シェフ料理レシピ】が登場紹介!お取り寄せ・通販倍・オンラインネットショップは?


2022年7月16日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第938回 湘南の白ナス」の回に、にある「」が登場するみたいですよ!真夏の太陽の光を浴びて旨味を蓄える野菜があります。それがカリウム豊富で、夏バテ対策にもぴったりの「湘南の夏の新名物・白ナス」を紹介。

「フレンチの匠×白ナス新作料理」老舗フレンチの調理長・松本シェフは、東京に戻り、白ナスフレンチの新作料理に挑戦。みずみずしく、果肉がしっかりした“生”の特徴を活かした料理は、祖母の故郷・山形に伝わる“だし”がヒントに。だしとは、夏野菜を刻んで作るもの。一体どんなものに?

世代を超えて愛され続けている東京會舘のメインダイニング 東京會舘「レストラン プルニエ」松本浩之シェフ

住所:東京都千代田区丸の内3丁目2−1
TEL:03-3215-2111
https://www.kaikan.co.jp/restaurant/prunier/

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2022年(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第938回 湘南の白ナス」内容は、「湘南の新名物・トロ〜リ甘い“白いナス”って⁉」が登場します。

きょうの主役は湘南の新名物!白ナスです。濃厚なうま味トロける白ナスはとても繊細な野菜。その生産者 清水俊朗さんを老舗フレンチの名店東京會舘「レストラン プルニエ」の凄腕 松本浩之シェフが訪ね、白ナスの魅力を堪能します

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/