【食彩の王国・第937回 小田原たまねぎ】に【場所は神奈川県鎌倉市長谷。アイディア溢れる創作料理が評判のフレンチレストラン「Restaurant Takashi Tanno par長谷 紫~ゆかり~」丹野貴士シェフ・料理レシピ・赤土とコシオリエビ・たまねぎのアイスクリーム】が登場紹介!お取り寄せ。通販売・オンラインネットショップは?


2022年7月9日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第937回 小田原たまねぎ」の回に、神奈川県鎌倉市長谷にある「フレンチレストラン「Restaurant Takashi Tanno par長谷 紫~ゆかり~」丹野貴士シェフ」が登場するみたいですよ!「万能野菜・たまねぎ!」シャキシャキとしたサラダ、トロトロに溶ろける煮込み、香ばしい炒め物にも活躍する万能食材・たまねぎが今回の主役。

神奈川県・鎌倉には、アイデア豊富な創作料理が評判のフレンチ・丹野貴士シェフがいます。「たまねぎ料理には意欲的に取り組んでいる」という丹野シェフ。“赤土”や地元のコシオリエビを使い、驚きの一皿に!さらに、たまねぎのアイスクリームとは?独創的なフレンチは必見です。使っているたまねぎは、神奈川県・小田原産のものだとか…。

アイディア溢れる創作料理が評判のフレンチレストラン「Restaurant Takashi Tanno par長谷 紫~ゆかり~」丹野貴士シェフ

住所:神奈川県鎌倉市長谷2-11-44
TEL:0467-67-9313
公式サイト:https://www.restauranttakashitanno.com

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2022年7月9日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第937回 小田原たまねぎ」内容は、「甘〜くトロける小田原たまねぎ復活物語!伊の匠…ピエモンテの技」が登場します。本日はとにかく甘い!小田原たまねぎ。かつての名産地復活に向けて奮闘する生産者 志澤栄治さん・林やすなりさん・石塚明さんの甘さにこだわり続けた情熱を追いました。伊「RISTORANTE La Ciau リストランテ ラ チャウ」シェフ馬渡 剛 シェフの本場・ピエモンテの技にも注目です。

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/