【食彩の王国・北川鶏園プリプリたまご】に【場所は東京都港区南青山。探究心豊かなシェフがつくる前衛的なフレンチレストラン料理店「ラ・ロシェル南青山」総料理長・川島孝シェフ たまごグラタン料理レシピ】が登場紹介!お取り寄せ・通販売・オンラインネットショップは?


2022年9月3日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第945回 たまご」の回に、東京都港区南青山にあるフレンチ「ラ・ロシェル南青山」総料理長・川島孝シェフ 卵料理レシピが登場するみたいですよ!今回は「食卓の万能選手“たまご”」夏バテ対策にピッタリな食材といえば…たまごですが主役。

東京・南青山にある、ラ・ロシェルの総料理長・川島孝シェフのスペシャリテは、たまごを使ったグラタン。なんと殻を器に!魚介の旨味と黄身が合わさったグラタンは濃厚な味わいです。
そんな川島シェフが気になっているたまごが千葉県にあるそうです。

探究心豊かなシェフがつくる前衛的なフレンチ「ラ・ロシェル南青山」

住所:東京都港区南青山3-14-23
TEL:03-3478-5645
https://www.la-rochelle.co.jp/shop/aoyama/

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2022年(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第945回 たまご」内容は、「老舗名店が惚れた“プリプリたまご”〜七色に輝く幻のたまご登場」が登場します。本日の主役はフレンチの匠 東京・南青山にある、ラ・ロシェルの総料理長・川島孝シェフも驚く“プリプリたまご”。老舗すき焼き名店「浅草今半 国際通り本店」も絶賛するたまご職人 千葉県・袖ヶ浦「北川鶏園」養鶏農家3代目の北川貴基さんの技とこだわりに密着です。匠の仕立てるたまごフレンチ料理レシピは職人も感動の逸品です

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/