加古川ジモパンニシカワパンの「焼きカレーパン(淡路島産たまねぎ使用)」をたべたぞ!くはーっ!スパイスィーじゃー!

記事はここから

最近はセブンイレブンでも地元パンを買うことが出来るようになった。こんにちはロング(@rongkk1)です。

はじめて見かけたときは、なんや〜どっかで見かけたことあるパンやなぁと。手に取ってびっくり!か、加古川のジモパン!ニシカワパンや!

image

加古川のパン屋西川食品ことニシカワパン。小学生の頃は社会見学にもいきましたが、パン生地(生)を食べさせてもらって美味かったのを思い出しました。

うーん!未だに味は変わらず当時のまま!

北川一成さんのCIが効いたラッピングがいい感じです。

image

最近変わったんですがパンチのあるラッピングは好きですね。前のラッピングも好きでしたが、今の手仕事感のある方が断然好きです。

で、カレーパン。

焼きカレーぱんと言うだけあって表面にもしっかりカレーパウダーがかかっていますね。

袋を開いた瞬間に、周辺にスパイの香りが広がります。こ、こうばしい!

image

ぱんカタチは円筒系。

それではパンを開いて見ましょう。

ふわふわトロ。ブワぁっと更にスパイの香りがいいですね〜。

では、食べてみます。
お!スパイが口の中を走り回ります!す、スパイシー!ですが、辛味はなく、程よいコクと、そして淡路玉ねぎの甘みがじゅわじゅわと後からきいてきます!

image image

上品過ぎない!ええぞ!庶民派カレーパン!

パンそのものは小学校で食べてたコッペパンの記憶を呼び起こす、旨さですぞ!

ぜひ、たべてみてね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で