極みバウムクーヘン発見!稲美町御菓子司福助堂の「バームクーヘン福樹」「稲美銘菓コスモス彩りの町」「福助堂チョコ饅頭」「銘菓いなみ」うますぎるうううう!スイーツ堪能するなら福助堂だ!

稲美町にある御菓子司福助堂に行ってきました!

かなり前から気になってたんです。

なにが?というと店の入り口に貼られた「バームクーヘン」の張り紙が。
御菓子司福助堂さんは稲美町にあります。

image
マジックで書かれた張り紙にかなり惹かれましたわぁ。和菓子屋さんがバームクーヘン?

なんだろう?和菓子屋のバームクーヘン気にぬるわ!ってな感じでね。

image

 

和菓子屋のバームクーヘンレベルにビックリじゃわ!

いや、和菓子屋のバームクーヘンなめとりました。張り紙してあるだけはあります!自信たっぷりのバームクーヘン。

で~~~~ん!待望バームクーヘン登場じゃ!!!

image

ほほほほくわせそうなやつだ!

image

おおおどっしりしっとりうまそう~~~~

今回購入したのは大中小あるうちの中!

image

このしっとり感をみよ!さすがだ、

さすがにお店の前のマジックで書いてある札だけのことはある。

あれが立派なバームクーヘンとかかれてあったら

おっさんは気にもとめなかったかもしれない。

image

切り口もすげ=~~~~

断面もくわせそう!!!!

image

一口!!!!!ド度々度々度々d!!!!!3くぉ4pq3j4pq:j4おpqj:43q!

うま~~~~~~~~~¥!

しっとり、口のなかで膨らむうま味!

至福じゃわ~~~

しっとり程よい硬さが、おっさんごのみじゃ!!!!

image

 

店内をのぞいてみると、

御菓子で受賞した賞の数々があります。でも店の棚には更にいっぱいの賞状かありました!

やっぱり腕は凄いのだ!

和菓子職人にして、バームクーヘンに走ったのはどんな理由があったのか!!!!!

ちょっと聞きたかったな~~~~~!

ききたかった!!!!

こんど聞いてみよっと。

image
inami-fukusukedo-01

腕はたしかということですね〜。そっけない、マジックでかかれたバームクーヘンというと文字にも、なんか自信みなぎるオーラを感じたおっさん。

いやぁ〜、おっさんのうまいもセンサーに嘘無しです(笑)
バームクーヘン専用の機械もあるようです。

inami-fukusukedo-02

他の和菓子も間違いなく絶品スイーツ!

他にも、ベースになりそうな和菓子セットを購入しました。

image image image image image image image

稲美銘菓コスモス彩りの町、福助堂チョコ饅頭、銘菓いなみ(今回俵もなかを買いそびれた!不覚!次回お楽しみに)

image
稲美銘菓コスモス彩りの町

image image image image image

特徴的なのが生地につつまれた白あんの中にうっすらブルーベリーが入っているのだ!その香りがたまらなく、白あんとあう。口にするとブルーベリーの香りが口一杯にひろがり至福のひと時を味わうことができる!

まさか、ブルーベリー?と思ったがその香りと和菓子のマッチングには至福のスイーツという称号がふさわしい!うま〜いよ!

福助堂チョコ饅頭

image image image image image

御菓子?と見た目をうたがったか、パッケージから出した瞬間チョコレートの芳醇な香りがしてきました。た、たまらない、チョコ好きの人にはたまらない香りだ。

香りの中心は生地に練りこまれたチョコだ。かなりな量を練りこまれたのか重量がある。どっしりした雰囲気からは、ええチョコ練りこんでますっせというと空気さえただよう。

中は白あん。チョコ皮と白あんが口の中で一体となると、えも言えない風味をうみだす!

うまい。

銘菓いなみ

image image image

これまたミルク系風味の王道和菓子!うま過ぎである。福助堂にいかれるさいは、この御菓子は必ず買ってかえることをおすすめする。

系統でいえば、高砂銘菓野路菊の郷とにた路線の和菓子だ。然し、野路菊とは違うよ。濃厚感は銘菓いなみだろうか。野路菊はあっさりとした味わいだ。
みなさんも是非とも稲美町御菓子司福助堂さん出かけてみてください!

バームクーヘンに和菓子を是非ともおためしあれ!

田舎まんじゅうもうまそうやった!

今回は調査。次回はもう少し買って食べたい!!!!

うまかった。実家に半分わけてあげたので、おっさんは半分しか食べれなかった。

是非とも次回は更に買い足して攻めてみたい。

お菓子屋さんで攻めるおっさん。

今回小豆あんを攻めきれなかったのが残念。

先日から酒飲みがつづいて、なんだかテンションがあがらなかったのだ。

次回は和菓子食う!オーラを出しまくりながら出かけてみたい。

次回は俵最中を食べようっと!

 

御菓子司福助堂

労働省・和菓子製造業一級技能検定に合格した伝統と技術の店「福助堂」の銘菓いなみ・秋桜の町・
万葉の里は万葉集にも詠われた印南野で生まれたお菓子です。
お土産にどうぞ。

代表者名: 福田 好宏

本社所在地: 675-1105 加古郡稲美町加古 1909-1
TEL: 079-492-2074
FAX: 079-492-8532

営業時間: 8:00~18:30

http://inami-service.net/fukusukedo/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で