明石干しだこを水でもどしタコ飯にする。我が家定番のタコ飯は旨い!

記事はここから

明石の半夏生にならってか、どうかはわからないが、実家でタコ飯を作ってくれた。我が家の定番タコ飯は、明石の干しだこを水でもどし、戻し汁と酒、塩、醤油のみで炊き上げる。

image

干しだこはコレ。明石から播磨町にかけての港では、タコがとれる季節になるとよく見かけます。

タコは干すと、生で食べるのとは別物の様に旨みが増します。

image

うちではカリカリに乾燥したタコを水に戻して使いますが、レアタイプ、一夜干しの干しタコもあったりします。どちらを使っても良いのですが、半生タイプの干しだこは入手しにくいようです。僕はカリカリ乾燥もどタイプのタコ飯が好きですね。

この干しだこは高級品で、サイズにもよりますが3000円ほどします。祖母が播磨町に住んでいた時は、地元行商の人から大量に買い込んで、家族に配りあるいてました。

子どもの頃は高級品だなんて思ってなかったんですがね〜。
干しだこのタコ飯は最高です。生のタコ飯に比べると旨み成分が増してます。手間暇かかる干しだこ、高級品だというのも食べて納得ですね。せめてイカ並みの値段だと口に入りやすいのですがね〜。

値段は高いが味は抜群!ぜひ、明石干しだこでタコ飯をお試しくださいませ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で