「旅サラダ」に場所は岩手県一関市「フルーツ級の甘み 南部一郎かぼちゃ」が登場!


2019年9月28日(土) 8時00分~9時30分放送の「朝だ!生です旅サラダ・生中継のコーナー」に「フルーツ級の甘みを誇る南部一郎かぼちゃ料理」が登場!

岩手県一関市

一関市は岩手県の最南端の市。

南部一郎かぼちゃ

この南部一郎は、糖度がマンゴー並みにあります。ユニークな名前「南部一郎」の由来は、岩手県が南部藩だったことと、一郎は、育種した元盛岡農業高校教諭小山田智彰さんが在来の鶴首カボチャの種を譲り受けたのが横田一郎さんだったことによるそうです。
このカボチャを栽培しているのは一関市厳美町本寺地区で、ここには骨寺村荘園カボチャ研究会(会長 佐藤弘征さん)という研究会まであるそうです。

「朝だ!生です旅サラダ」番組データ

朝日放送テレビ「朝だ!生です旅サラダ」毎週土曜日 8時00分~9時30分放送

2019年9月28日(土)8時00分~9時30分 の「朝だ!生です旅サラダ・生中継のコーナー」放送内容は、岩手県一関市が登場します。映像では、ラッシャー板前が、フルーツ級の甘みを誇る南部一郎かぼちゃの絶品料理をリポート。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で