【多可・播州織のふるさと写真展】が開催!

記事はここから

2017年11月23日(木・祝)多可町八千代区赤坂「旧 古来悟織物工場」にて「多可・播州織のふるさと写真展」が開催されます!

当日は、のこぎり屋根と女工さんたちが見た風景をテーマにした貴重な写真の展示の他、「若き職人が創造する播州織の未来と受け継ぐ歴史」、「のこぎり屋根の魅力とその利活用の可能性 ~群馬県桐生市の取り組み」、「利活用提案に関するパネルディスカッション」、「播州織のむかし話」など播州織にまつわるトークショーや、播州織製品の展示販売、機織り無料体験コーナー、多可町にあるのこぎり屋根を探そう!などのイベントも予定されいます。

のこぎり屋根と女工さんたちが見た風景をテーマに、多可・播州織の写真展を開催します。

開催趣旨

地場産業として、今もこの地域に脈々と受け継がれている「播州織」。
そんな「播州織」の工場は、その形状から「のこぎり屋根」と呼ばれ、多くの女工さんたちが働いてきた播州織を象徴する建物です。今は役割を終えている建物も多くなりましたが、多可町の豊かな自然と相まって、この町の独自の風景を形成する一役を担っています。
このたび、古民家等の活用と地域再生に取り組む任意団体「紡 —TSUMUGI—」は、歴史的にも価値がある多可町八千代区赤坂にあるのこぎり屋根・旧古来悟織物工場跡において、播州織写真展を開催することとなりました。播州織の事業所はもちろんのこと、かつて播州織の工場を営まれていた方々からも当時の写真をお借りし、アルバムの中で眠っていた懐かしい写真を見つめ直すことにより当時を振り返りつつ、播州織の未来永劫の発展を願う写真展にしたいと考えています。
​ 皆さまお誘い合わせの上、是非、会場に足をお運びくださいませ。

多可・播州織のふるさと写真展

  • 日時:11月23日(木・祝)
  • 時間:9:30 ~ 16:00
  • 会場:旧 古来悟織物工場(多可町八千代区赤坂)
  • 入場無料
  • 内容:
    トークショー

    ・ (11:00~12:00)トークセッション:「若き職人が創造する播州織の未来と受け継ぐ歴史」
    ・(12:30~13:30)講演:「のこぎり屋根の魅力とその利活用の可能性 ~群馬県桐生市の取り組み」「利活用提案に関するパネルディスカッション」
    ・(13:40~14:30)座談会:「播州織のむかし話」
  • 同時開催イベント
    播州織製品の展示販売
    Banshu-ori Next Japanによる、魅力満載の商品が勢揃い!
    機織り無料体験コーナー
    簡易機織り機を使って、織物の基本的な仕組みを学びながら
    機織り体験ができます。
    スマホで多可町内にあるのこぎり屋根を探そう!
  • ホームページ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で