2021年 マイスター工房八千代(施設長 藤原隆子さん・カンピューターおばちゃん)の太巻き寿司「天船巻きずし(あまふねまきずし)」ホームページ・節分・恵方巻き・価格・購入方法・予約方法・通販・お取り寄せ・ネットショップは?場所は兵庫県多可郡多可町八千代


マイスター工房八千代(まいすたーこうぼうやちよ)データ

マイスター工房八千代:女性 高齢者等活動促進施設。巻寿司・鯖寿司・鮭寿司、キノコ佃煮、キノコ辛子漬、山里コロッケ、おはぎ、ジャム キウイ・柿ジャム(季節限定)、高野豆腐粉入り 八千代の花・ドーナツ・おかき・ケーキ、注文弁当など地元農産物の加工品等を販売。「マイスター」は「手づくりなどの匠の技を持った人」というドイツ語から。特産品の開発場所として平成13年10月、Aコープ、保育園の跡地を利用してリニューアルオープンした。昔からの食文化、新しく創造する食文化、地元産の食材をつかった食文化など、ふるさと産品の開発や研究を進めるほか、「田舎のコンビニ」としての機能をもたせた施設。

寿司の種類

天船巻き寿司・食材の端切れでつくる巻きずし「見捨てないシリーズ」チョイワルおやじ巻(サバのカマ)・昔おとめの播都恋巻(むかしおとめのはつこいまき・鮭の端)、鮭ずし、鯖ずしなど

天船巻きずし 1本 価格

700円(※2019年)

天船巻きずし具材内容

天船巻きずし内容:太いキュウリ、しっかり味付けされバームクーヘンのように焼かれた卵焼き、高野豆腐を香ばしい海苔に薄めにしいた酢飯で巻いている。巻き具合はやわらかふんわりとしている。

店頭販売

1日1000本(1人30本まで)※1日工房では1500本ほどを巻いている※当日購入なら午前中がおすすめ、午後は売り切れの可能性大、電話確認で出かけるのがいい。

店頭以外多店舗販売

加古川ヤマトヤシキ・多可町 まちの駅たか など。イベント等でも出店販売する場合がある。

節分の巻き寿司注文数の推移

節分の巻き寿司注文数の推移 2005年8000本、2009年9000本、2017年16000本、2019年18000本、2020年15000本、2021年13000本

年間売上

2億7000万円以上

まちの駅・たかでは、2021年1月中旬から受付を始めたマイスター工房八千代の『天船巻き寿司』200本限定の特別予約が、予定販売本数200本に達し受付を終了している。

テレビ・メディア掲載

マイスター工房八千代(まいすたーこうぼうやちよ)場所

住所:〒677-0103 兵庫県多可郡多可町八千代区中村46−1

予約・問い合わせ方法

予約・問い合わせ 電話:0795-30-5516

お店のホームページ

  • お店のホームページ:http://www.hari-hari.com/sg-meister.html

お店のフェイスブック

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/pages/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%B7%A5%E6%88%BF%E5%85%AB%E5%8D%83%E4%BB%A3/238375069552300/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で