【宝塚「生」の字 10代目ライトアップ】が宝塚市で開催!場所は?


2019年1月16日(水)宝塚市武庫川中州にある河原の石を積んで制作したアート作品「生」がライトアップされますよ!

 『生(せい)』は、2005年1月、阪神・淡路大震災から10年「街と人の心の再生」を願い現代美術家・大野良平が宝塚市中心市街地を流れる武庫川中州に奥行き約20m×幅10m高さ80㎝のスケールで河原の石を積んで制作したアート作品です。1・17前夜に震災犠牲者追悼のライトアップがされましたが、2006年秋、大雨による濁流に押し流され自然消滅しました。  2008年に発刊された有川浩著『阪急電車』に『生』が登場。2010年同小説の映画化を機に、大野良平+市民の共同事業として「記憶の中の『生』再現プロジェクト」を立ち上げ、地域住民、学生、子どもたち延べ100名を超す市民ボランティアが2代目となる『生』を再現しました。

『生』は川の中で作られるため大雨が降れば押し流されます。その後、消失と再現を繰り返し、2018年12月現在、10代目の『生』が存在しています。

形あるものはいつかは無くなりますが、人々の生きる想いや営みは永遠に続きます。生き続ける熱い想いがあれば、壊滅された街や傷ついた人の心は何度でも再生できるのだというメッセージを発信しています。

『生』の石積みをとおして、人々が集い、それぞれの生と向き合い、生きる想いを共有する。そこから生まれる可能性を大切に活動を続けていきたいと願っています。

今後とも、ご支援賜りますようよろしくお願いします。

場所

宝塚市武庫川中州アート作品「生」ライトアップ開催情報

  • 開催日時:2019年1月16日(水)夕方 ライトアップ、1月17日(木)5:46~ 黙とう
  • 場所:武庫川中州 地図
    (宝塚市南口2丁目)
  • お問合せ:宝塚市国際観光協会
    電話0797-77-2012
  • フェイスブック

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で