【和久洋三 講演会&積み木フェスティバル】が加古川で開催!主催は「ほるぷ絵本館」

記事はここから

2017年10月22日(日)加古川総合文化センターにて「和久洋三 講演会&積み木フェスティバル」が開催されますよ!

加古川市平荘町にある「ほるぷ絵本館」主催の夢いっぱいの楽しいイベントですよ!

5000個もの積み木を体いっぱいで楽しむコーナーや

色んなおもちゃで楽しむコーナーなど

子どもの想像力を膨らます遊びがいっぱいありますよ!

また、童具館館長和久洋三 講演会、子どもの想像力をのばす「遊びの創造共育」についての講演も必見ですよ!

和久洋三 

和久洋三の略歴
プロフィール

1942年 東京に生まれる
1966年 東京芸術大学美術学部工芸科工業デザイン専攻卒
1968年 株式会社フレーベル館入社企画室で2年間遊具開発を担当
1970年 浦和市私立わらしべ保育園で2年間の保父体験
1972年

1982年 東急百貨店本店、西武百貨店池袋店、松屋銀座店、伊勢丹新宿店
高島屋日本橋店などの百貨店をはじめ大型書店を含め、日本全国
数十ヶ所で個展及び各種催事展を開催
1982年 ドイツで優良玩具SPIEL GUTに選定される
国際フォルム展(ドイツ)入賞
1982年 5年間教鞭をとった玉川学園女子短期大学保育科非常勤講師を退任して、
1年6ヶ月の間、スペインのセビリア郊外で童具の創作と研究に専念
1985年 東急百貨店本店で個展『和久洋三の童具展』を開催
1988年 朝日新聞日曜版紙上でエッセイ『童具 遊ぶこころ』を2年間連載
1989年 童具館設立 童具館プレイルームで本格的に子どもの創造教育・知的障害
児教育に取り組みはじめる
1990年 東急百貨店本店で朝日新聞社主催による『童具 遊ぶこころ展』と
『和久洋三の童具展』開催
1995年 文部省「幼稚園の園具・教具の整備等に関する調査研究協力者」委員
1995年 NHK教育テレビ『すくすく赤ちゃん』など多数出演
2001年 『わくわく創造アトリエ』を全国に展開
2006年 NHK教育テレビ『すくすく子育て』出演
2007年 神戸ビエンナーレ『和久洋三の童具展・積木で遊ぼう』出展
日本デザイン学会にて基調講演
2012年 日本乳幼児学会ゲスト講演
2013年 神戸ビエンナーレ・創作玩具コンペティション審査員

現在 童具館館長
和久創造共育普及協会会長
和久洋三のわくわく創造アトリエ主宰
童具開発研究所WAKU所長
日本人形玩具学会会員
ペスタロッチー・フレーベル学会会員
日本保育学会会員

主な著書・編著・著述

『子どもの目が輝くとき』玉川大学出版部
『トークトゥトーク 育つ喜び 育てる楽しさ』汐見稔幸共著・玉川大学出版部
『遊びの創造共育法(全7巻)』玉川大学出版部
『遊びの創造共育法 童具編 かずの木』(童具館刊)
『フレーベル「人の教育」解体新書 親と子の共育①』(童具館刊)
『創造共育への道・スペインにて』(童具館刊)
『色いろな色』(童具館刊)
『おもちゃの文化史』監訳・玉川大学出版部
『おもちゃから童具へ』玉川大学出版部(絶版)
『和久洋三 童具の世界』大月書店(絶版)
『童具 遊ぶこころ』朝日新聞社(絶版)
『しょうがっこう こくご 1ねん下』学校図書
他多数

http://www.dougukan.com/text/ryakureki/ryakureki.htm

和久洋三 講演会&積み木フェスティバル

  • 日時:2017年10月22日(日)
  • 積み木フェスティバル:10:00~16:00
    ・受付10:00から
    ・加古川総合文化センター 2F 大ホール
    ・参加費:1,620円(税込)
  • 講演会:10:30~12:00
    ・受付10:00~ (定員45名)
    ・会場:加古川総合文化センター 2F 体験学習室
    ・参加費:お一人様1,080円(税込)
    ・申込方法:下記ホームページを参照ください。
  • お問い合わせ:ほるぷ絵本館
    電話079-429-5288
    〒675-1231 兵庫県加古川市平荘町養老364-7
  • 主催:ほるぷ絵本館
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で