笑ってこらえて【日本列島 名前の旅】名前ランキング732位「小玉」さんをリサーチ!「西陣織の女性職人」小玉紫泉さんとは?

記事はここから

2018年7月11日(水)よる7時~日本テレビ笑ってこらえて夏祭りロメロ・スペシャル!「日本列島 名前の旅」は名前ランキング732位「小玉」さんをリサーチ!「西陣織の女性職人」小玉紫泉さんとは?

【日本列島 名前の旅】
所さんがランダムに選んだ「名前」の知る人ぞ知るスゴ~い人を探してくる旅!
今回は…!名前ランキング732位の「小玉」さんをリサーチ!
調べてみると…、『小玉紫泉』さんと言う「西陣織の女性職人」がいることが分かった。「西陣織」は、京都で生産される日本織物の最高峰だが、小玉紫泉さんは、その中でも特に高度な技術とされる「爪掻き本つづれ織り」で有名なお方だった。
実は主婦のパートとしてそのキャリアをスタートした小玉さんは、超絶技巧の「爪掻き本つづれ織り」を誰からも教わることなく、ほぼ独学で習得し、伝統を重んじる西陣織の「帯業界」に新風を吹き込んだのだ。
その驚くべき創造の源は、常に反面教師として叱咤激励してくれた、今は亡き夫の存在だった…。 さらに!スタジオでは、西陣織の常識を覆した小玉紫泉さんのオリジナリティ溢れる作品群をお披露目!小玉紫泉さんご本人が解説してくれます。因みに…。
西陣織の超絶技巧を駆使して作られた「帯」は、いくら位するものでしょう?? 答えはスタジオで!

7月で23年目突入!の笑コラ夏祭りスペシャル!
楽しくて為になる2時間をお届けします!
暑い夏、笑コラ!を観て乗り切ろう!!
7月11日(水)よる7時00分からです!お楽しみに♪

ホームページ

スポンサーリンク

名前ランキング732位の「小玉」さん

現長野県である信濃国水内郡小玉村が起源(ルーツ)である、桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)畠山氏流がある。大村藩小玉氏は中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)を名のったとされる。福島県いわき市にも地名がある。小さな美しい玉石のである川が語源。秋田県、北海道などの東北や関東に多い。

https://myoji-yurai.net/searchResult.htm?myojiKanji=%E5%B0%8F%E7%8E%89

「西陣織の女性職人」小玉紫泉さん

小玉 紫泉(こだま しせん)

伝統工芸士となってから「文部科学大臣賞」をはじめ、多くの賞をいただいてきました。
現在は風景などをつづれ織で表現するなど、きもの帯以外の作品にも力をいれています。

伝統工芸士 小玉紫泉
本名:小玉 早千子
(旧姓:古田)

現在の主な肩書
小玉紫泉つづれ織工房主宰
西陣爪掻本つづれ織伝統工芸士
西陣織工業組合理事
京都匠会会員

つづれ織に出逢うまで
1952年6月5日 大阪にて出生
1960年4月   兵庫県西宮市に移住
1971年3月   西宮東高校卒業
1971年4月   神鋼商事入社(大阪)
1974年1月   結婚(大阪府堺市にて専業主婦)
1980年7月   夫の実家である京都市に移住





小玉紫泉つづれ織工房

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で