PC環境ネットが遅く、繋がったり、繋がらなかったりを繰り返すようになってしまった!なぜに?対処方法は?

記事はここから

初めに結論を、ネット接続の不具合はルーターの故障によるものでした。とは二日前。その後NTTの混線したIPへの接続が原因と判明。もー、原因に辿り着くまで辛かったわー。では、原因に辿り着くまでの、そんなお話し。

数日前からネットが遅くなりはじめ、とうとう繋がらなくなるってしまった。さらに1番イライラしたのは、wordpresssに画像をアップロードする際、httpエラーが出るのと更新ボタンを押した時にネットがダウンし更新データが消えることだった。早期回復のため、おっさんはあれこれ頑張ってみた。

まず疑ったのは

OSの不良
ハードの故障
ケーブル不良
ルーターの不良または故障
NTT側の不具合

windows7を使っているが、ちょっと重いぐらいで今まで問題という問題もなくつかえてる。気になったのは、ネットが繋がらないときにChromeに表示された英文。

GIGABYTEのマザーボードで「PXE-E51: No DHCP or proxyDHCP offers were received」「pxe-mof exiting pxe rom.」ってなるねんBIOSで治す方法

この文章を検索すると、Chromeで同じ様な現象があるようで、時々接続が切れたり繋がったりを繰り返すそうな。キャッシュクリアやipアドレスのDNSを変えると解消されるようだ。

今回の場合は、他のブラウザーでも同じ現象だったので、これは違うとなった。ipの競合もなく、デバイスマネージャーでイーサーを確認するも正常との反応。
次にハードの故障を疑った。とくにイーサーのスピードランプがまるっきり点灯せず、消灯したままなのが気にかかった。
デバイスマネージャーでは正常だと反応があるが、そんな機械まかせな反応はあてにならぬ!で、ドライバーを入れ替えたり、LANのUSB変換アダプターを買ってきて確認するも、反応はまるっきり同じ現象でハードの故障でないこと確定。

パソコンPCについているLANボードのランプの意味ってなんなんだろう?

この地点でハード故障だときめつけたのが解決を遅らせた。ばかなおっさん。

次にケーブル、抜いたり差したりケーブル替えたり色々試すも症状かわらず。ここでルーターを疑ったが他のPCが快調に接続出来ていたのでまるっきり眼中に入らなかった。ここで別の回線があるから試せば原因解明だったのに。
ケーブルの確認ごさらに昆明を深めるおっさんの頭は爆破寸前だった。

ここまでで2日をようし、あきらめながら繋がったり切れたりするネットにイライラしながら作業した。
3日目、神様が突如降臨。ipをイジっていたら突如正常に接続できていたPCから接続出来なくなった!しばらくして快調に接続できるようになったが、そこでおっさんはようやくピンときた。ルーターが原因かよ!

試しに別のネット回線に接続させると超快調やんけ!

というわけでネットが不調な原因はルーターの故障によるものと判明。ギガビットじゃないルーターが余ってたので置きかえて問題は解決した。

と、思った次の日、また同じ不安な環境になった。これはもう回線がわの問題だと大塚商会に連絡。

いやぁ取次が大塚で助かった感はありましたね。オペのお姉さんに事情を説明、初めは簡単な接続状況が安定しているか回線確認とルーターの再起動を指示してもらいました。それでも回復しなかったので回復をさらにチェックしてもらうこと2時間、混線したIPへの接続が判明。ルーターの再起動を繰り返して混線IPからの離脱を図る作業をする。
結局完全回復までに二週間もらうかかってしまった。不覚。その間に年度末作業が大量に流れ込み、エンコードやコピー作業がまるっきり遅れてしまった。

と、書いくのに集中してたら新快速は姫路に到着。加古川を完全に通過!あ~あ、おっさんの一人の戦いはつづくのである。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で