エックスサーバーに移行!アクセス1.5倍!精神的負担から解放される。移行に際しての覚書と感想など。

記事はここから

寒い!寒いぞ!正月は暖かかったのに!でも、サーバー移転も無事終了して、寒さも心地いいわ!

こんにちはロングです。

正月の目標でも書いていましたが、サーバーを移転しました。

ロリポップの契約が6月までありましたが、先日も更新作業をしていると動きが重たくて重たくて、そのうち反応しなくなてしまった。アクセスの多い時間でもないのに。あえてアクセスのすくな時間を選んで更新作業しているのに、こいつはたまったもんじゃない。ノリノリでやってしまいたいのに~~~と、その思いと勢いでエックスサーバーに登録、サイト移行の準備に入りました。

結論、エックスサーバー快適!アクセスも1.5倍!

ありがとう!サクサクうごく~~~!表示もはやい!
そんなに変わるものなのか!移行してよかった。ほっとした。

アクセスがアップしたのは予想外だった。表示が遅いとアクセスする前に離れていくというのを聞いていたけど、初動のアクセススピードは、サイトに到達してから、サイト内の他のページへのアクセス率も上げてくれるのか。びっくらしたわ。

エックスサーバーへの移行手順

基本的な手順はこちら

1.はじめに、BackWPupでまるごとバックアップしたものをダウンロード。

2.エックスサーバーのコントロールパネルでデーターベースを作成。BackWPupでバックアップしたデーターベースファイルをアップロード。

3.次に超便利なフリーFTPソフト「FileZilla」をダウンロード。
以前は、ファイルをdreamweaverでアップロードしていたけど、容量が大きくなるとエラーが多発した。あとにFTPソフトを使ったほうがエラーが出ないと知って、目からうろこだった。そして今回、サーバー移行に際し再度調べると「FileZilla」が便利だということに行きついてた。これは本当におすすめです

4.アップロードするをwordpressのwp-confingファイルの内容をエックスサーバーの設定に書き換える

5.エックスサーバーへFileZillaを使いwordpressファイルをアップロードする。

6.DNSを切り替える前に、Xサーバーでの動作確認をする。hostsファイルを編集して確認する

7.DNSを切り替えるて終了。

参考にしたサイト ロリポップ!からXサーバーへの移転 からあげ隊長の日記 

前もって、からあげ隊長の日記を読んでいたので助かりました!問題なく移行完了!

サーバー移転後つまずいたこと問題点など

大きな問題はでていないが細かい問題は色々ある。

1.データーベースのサイズが40Mibが101Mibになっていること。今のところ未解決だが、問題なく動いているので、しばらく様子をみることとする。

2.wordpressプラグインjetpactのエラーで、投稿を更新した時にエラー表示が出てきた。これはjetpactのプラグインをいったん「停止」し、再度「有効化」することで解決した。サーバー移行時にプラグイン関係は停止しておくべきだけど、今回は停止しておいたのは、問題がおきそうな「SiteGuard」だけで、それ以外はを有効化したまま移転したがまずかった。やっぱり移転にさいしてはプラグインは停止していたほうが無難だ。

3.「BackWPup」を再度インストール有効化する必要があった。「BackWPup」はバックアップする時に「BackWPup」の内容を除きバックアップする。だからバックアップデーターをダウンロードすると、「BackWPup」でバックアップしたデーターや「BackWPup」プラグインそのものはダウンロードしたデータ内には無いので注意が必要。ちょっと知らなかったので焦った。ただデーターベースには「BackWPup」データーを使用していたデーターが残っており、「BackWPup」を再度インストールすると前回の設定データをきちんと読み込んでくれていた。

 

SSLへの移行も準備も

SSLの準備も順次はじめている。そう、エックスサーバーは独自SSLが無料で設置できるのだ!(基本料金がロリポップのスタンダードプランの倍だけどね)

即対応させたいけど、エラーがでないように完全対応できるよう準備中です。というのも、先日AMPにも対応させたけど、細かい問題が山積していて毎日修正をしているからだ。簡単に対応というけど、できれば小さなエラーにも対応できるようにしたい。

すべては体で覚えていかねばならない!

だれかをあてにして、自分がトライしない、そんな「ぬるい精神」になるのは最悪の結末を招く。
なにごとも自力対応を目指し対応力を身につけるのだ!

ってこと!

おしまい!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で