山形最上町農家レストラン【たらふく工房満沢】菅安子さんと誠さん【人生の楽園】に登場!場所は?

記事はここから

山形最上町農家レストラン【たらふく工房満沢】菅安子さんと誠さん【人生の楽園】に登場!場所は?

山形最上町農家レストラン「たらふく工房満沢を営む菅安子さんと誠さん夫妻が、2018年6月2日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

自然豊かな山形県最上町。菅安子さんは、人口が減少し、さびしくなっていく町を盛り上げたいと、閉校になった小学校を利用して郷土料理を提供するお店「たらふく工房満沢」を2017年3月25日オープンしました。

お店の人気のメニューは、満沢の清流が育てたお米、イワナの唐揚げや山菜の炒め物、煮しめなど全8~10品の郷土料理が楽しめる「たらふく御膳」と、菅安子さんの夫誠さんの朝に手打ちしたそばをつかった「そば御膳」。また、お店で漬物の加工品も販売しているそうです。

今回の映像では、自然豊かな最上町で農家レストラン「たらふく工房満沢」の運営に奮戦するご菅夫妻と、一緒にお店を運営する農家仲間との暮らしが紹介されるそうですよ!

2018年6月2日水無月の壱
山形・最上町
~ 農家母ちゃんのレストラン ~

次回は、山形県の東北部に位置する最上町が舞台。閉校になった小学校で、仲間たちと郷土料理を提供する「たらふく工房満沢」を営む菅安子さん(63歳)と夫の誠さん(68歳)が主人公です。
安子さんは最上町で生まれ育ち、町内で農業をしていた誠さんと結婚、2人の息子を育てました。57歳の時、地域の小学校が児童数の減少で閉校になりました。このままでは「地域も廃れるのではないか」と危惧した安子さんは、地域を盛り上げるために校舎を何かに利用できないかと考えます。家族や友人たちと相談して漬物の加工場と郷土料理のレストランを思いつきました。町役場も校舎の再活用を進めていたことで話が進み、2016年に漬物の加工販売を開始。そして、翌年3月にレストラン「たらふく工房満沢」をオープンしました。
お店は完全予約制。切り盛りするのは安子さんと農家の主婦7人。メニューは煮物などの郷土料理が並ぶ「たらふく御膳」と、誠さんが打つ二八蕎麦がついた「そば御膳」の2種類がメイン。食材はメンバーそれぞれが持ち寄る野菜などが中心で、今の季節はコゴミなどの山菜やタケノコを使った郷土料理を提供しています。
農業の傍ら地域を盛り上げようと閉校になった小学校で、郷土料理のレストランを運営する菅さんご夫婦と、一緒に頑張る主婦たちの奮闘ぶりを紹介します。

「山形県最上町」はどんなとこ?

最上町は山形県東北部に位置し、秋田県宮城県に隣接している農林業と観光の町です。

町域中央部には小国盆地が開けているものの、大部分は奥羽山脈に属する山岳・丘陵地帯で最北端には、標高1,367mの小又山、最南端には1,075mの翁山がそびえています。

八森山

気候的には寒冷地多雨で、夏季には東風が吹きぬけ、冬季は多雪。 四方が峰によってさえぎられているため、かつては「小国」と呼ばれていました。

赤倉温泉

最大の産業は、瀬見温泉や赤倉温泉の温泉や赤倉温泉スキー場でのスキー。

最上町役場

最上町観光協会

「農家レストラン たらふく工房満沢」はどんな店

廃校になった旧満沢小学校の校舎を利用した農家レストラン「たらふく工房満沢」。
満沢地区で農業を営むお母さん方8人が提供する“地場産にこだわった郷土料理”を味わうことができます♪

メニューの「たらふく御膳」「たらふくそば御前」は、
メンバーのお母さん方が育てた野菜や地元の山菜など
地場産の食材がふんだんに使わているので、
季節によって内容が変わってきます!

【 メニュー 】
*たらふく御膳   税込1,200円~
満沢の清流が育てたお米を使用し、イワナの唐揚げや山菜の炒め物、
煮しめなど全8~10品の御膳です。
*たらふくそば御前 税込1,500円~
そばは打ち立てを提供するために、当日の朝に手打ちしてご用意いたします。
旬の惣菜とともにいただく御前です。
*オードブル
*お弁当    オードブル・お弁当についてはお問い合わせください。

【 営業時間 】
ランチタイム(11:00~14:00)
(完全予約制:3日前まで予約)
*旬を考慮した食材の入荷を心掛けております。
そのため完全予約制となりますのでご了承くださいませ

 

「農家レストラン たらふく工房満沢」の場所

場所:未来創造館らいず(旧満沢小学校) 地図
〒999-6107最上郡最上町大字満沢309-1

口コミ

「農家レストラン たらふく工房満沢」店舗情報

  • 場所:未来創造館らいず(旧満沢小学校) 地図
  • 〒999-6107最上郡最上町大字満沢309-1
  • 営業時間:11:00~14:00
  • 定休日:?
  • お問い合せ:TEL:080-2818-0060(代表:菅)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で