【クチコミ新発見 旅ぷら】2019年4月21日(日)放送内容は【福井県の坂井市で限定モノをめぐる旅】が登場!渡辺正行さん 山田邦子さんが出演!日本一登りにくい城!「日本最古の天守閣 丸岡城」、絶品「福地鶏の卵」、上江ファーム(うあえふぁーむ)の貴重な緑豆「上江の緑豆(うあえのりょくとう)」で作る贅沢スイーツ「緑まめ豆乳」、将のあま~い大発明!「女将の酒」は?

番組データ

2019年4月21日(日)放送
第345回 福井・坂井
旅人
渡辺正行さん
山田邦子さん

仲のいい2人が、地元の口コミ情報を頼りにぷらぷらと自由に繰り広げる気まま旅。
次回の旅ぷらは、ひょうきん族以来30年の仲だという渡辺正行さんと山田邦子さんが、
福井県の坂井市で限定モノをめぐる旅!
50年の月日の末に完成された卵の味に感動!
公園に映し出される絶景を前に2人はデート気分!?

見どころがいっぱい!日本一登りにくい城!
日本でココだけの絶品「卵」を…最高の食べ方で!
日本でココだけ!貴重な「緑豆」で作る贅沢スイーツ!
日本でココだけ!女将のあま~い大発明!

ホームページ

登場予想

見どころがいっぱい!日本一登りにくい城!「日本最古の天守閣 丸岡城」

丸岡城は、福井県坂井市丸岡町霞にあった日本の城である。別名霞ヶ城。江戸時代には丸岡藩の藩庁であった。現在は天守のみ残る。ウィキペディア

詳細情報

  • 住所:坂井市丸岡町霞町1-59 地図
  • TEL:0776-66-0303
  • 開城時間:8:30~17:00
    (最終入場は16:30迄)
  • 入城料:大人450円
    小中学生150円
    団体30名以上は2割引き
    障がい者は5割引き
  • ホームページ

日本でココだけの絶品「福地鶏の卵」を…最高の食べ方で!「」

福地鶏とは
たまごも肉もおいしい福井県産の地鶏です 。

県畜産試験場が平成26年から開発を始め、福井市の養鶏農家上道正冨さんが50年以上にわたり改良してきた産卵成績の良いロードアイランドレッドを育成したウエミチレッドの雄と 独立行政法人家畜改良センター岡崎牧場で育種開発された純国産の卵肉兼用種岡崎おうはんの雌を掛け合わせてつくられています。

平成29年4月27日にヒナの初譲渡が行われ、平成29年6月24日にたまごの初出荷が始まりました。

平成30年5月25日から福地鶏の肉をつかった料理の提供が開始され、現在県内15店舗において提供しています。(チラシ参照)

 

福地鶏たまごの特長
黄身は一般のたまごより大きく、白身の弾力性に富み、消費者に好まれる赤玉卵です。

福地鶏の肉の特長
福地鶏の肉はブロイラーと比べ、のびのびと自由に動ける広い環境で長い期間飼育された地鶏の肉であるため、濃厚なうま味としっかりした歯ごたえがあるのが特長です。

福地鶏の販売先・提供先
福地鶏たまご、たまごを使ったスイーツや福地鶏を使った料理は下記提供店舗一覧に示した店舗で販売・提供されています。

https://www.pref.fukui.lg.jp/doc/021037/jidori.html

関連ファイルダウンロード

日本でココだけ!女将のあま~い大発明!「女将の酒」

「女将の酒」味すっきり あわら市で完成発表会

福井県あわら市のあわら温泉旅館の女将(おかみ)が手掛けるオリジナル日本酒「女将」の完成発表会が12月18日、同市の温泉施設「セントピアあわら」で開かれた。酒造りを担当した蔵元は「甘口、辛口ともすっきりした味わいになった」と太鼓判を押した。

あわら温泉女将の会が農家や蔵元と協力して造り今年で5年目。発表会で山口由紀プロジェクトリーダーは「機内誌に取り上げられるなど女将の酒にとって飛躍の1年になった。お客さまが笑顔になるよう、今年も真心込めて田植えや稲刈り、仕込みを行った」と述べた。

久保田酒造(坂井市丸岡町山久保)の久保田直邦社長(57)は「甘口は花のような優しい香り。辛口はのどで辛口を感じられる。ともに例年よりすっきりした味わいになった」と話した。関係者と乾杯し完成を祝った。

甘口、辛口とも300ミリリットルが1600円、720ミリリットルが3500円(いずれも税別)。21日から13の旅館の食事で提供、売店でも販売する。

https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000017532

日本でココだけ!貴重な緑豆「上江の緑豆」で作る贅沢スイーツ!

甘み、うまみ、すべてが違うブランド豆「上江の緑豆」。
福井県坂井地区に代々伝わり、希少な在来種でもある「上江の緑豆」。
全国で唯一、この豆の栽培を行っているのは私たち上江ファームです。
そのおいしさに惹かれた私たちは、ブランド豆として大切に育てたいという思いで
旧地名の「上江(うあえ)」を入れた「上江の緑豆」と名づけて商標登録を行いました。
一般的な大豆に比べて、甘みもうまみも濃厚。
圧倒的な味の違いに感動すら覚えるほどです。
このおいしさと魅力を、ひとりでも多くの方に知っていただきたいと願っています。

緑まめ豆乳
商標登録「上江の緑豆」100%使用
希少な「上江の緑豆」を贅沢に使った、緑の色合いも美しい豆乳です。トロリと濃厚な飲み口で、大豆の甘味を最大に味わえるのが特徴です。そのまま飲んだり料理に使ったりと、楽しみ方も多彩です。

http://uae-farm.jp/uae_no_mame/

農事組合法人 上江ファーム 詳細情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で