【クチコミ新発見 旅ぷら】島根県出雲・松江が登場!ピーターさん・安藤和津さんが出演!吉岡製菓「天使の真珠・ルビーのいちご」、牛たん専門店「旨味牛たん玉田屋」の「牛たんのしゃぶしゃぶや牛たんステーキ」、山本漆器店(八雲塗やま本)「八雲塗」、日本料理店「和らく」は?

記事はここから

【クチコミ新発見 旅ぷら】島根県出雲・松江が登場!ピーターさん・安藤和津さんが出演!吉岡製菓「天使の真珠・ルビーのいちご」、牛たん専門店「旨味牛たん玉田屋」の「牛たんのしゃぶしゃぶや牛たんステーキ」、山本漆器店(八雲塗やま本)「八雲塗」、日本料理店「和らく」は?

島根県出雲・松江が読売テレビ「クチコミ新発見 旅ぷら」に登場するようです!出演はピーターさん安藤和津さん!放送は、2018年7月29日(日)朝10時55分、必見!

番組データ

2018年7月29日(日)放送
第311回 島根・松江

旅人

ピーターさん

安藤和津さん

仲のいい2人が、地元の口コミ情報を頼りにぷらぷらと自由に繰り広げる気まま旅。

次回の「旅ぷら」は、
休養宣言をしたピーターさんと、安藤和津さんの名物コンビが
島根県の出雲と松江を旅します!
太古からの神話が脈々と息づく出雲と、江戸時代の風情が残る松江を巡る旅!
ピーターさんの休養宣言は安藤さんが原因だった!?
さらに、安藤さんが突然の涙!一体なぜ!?

・売り切れ御免!キラキラ輝く宝石スイーツ
・とろける極上牛肉!絶品料理に“舌”鼓
・年をとるほど美しい!お土産にぴったりの伝統工芸
・ビッグな驚きが待っている!超美味・幻の「のどぐろ」

お楽しみに!

http://www.ytv.co.jp/tabipura/

登場する場所の予想

売り切れ御免!キラキラ輝く宝石スイーツ 吉岡製菓「天使の真珠」「ルビーのいちご」

 土産物屋などが立ち並ぶ通りで気になった場所などに立ち寄りつつ、やってきたのは「吉岡製菓」という店。ここにある「天使の真珠」という名前のある和菓子が、わざわざ遠くから買いに来る人も多い“宝石スイーツ”なのだという。確かに、あの和菓子とは思えないキラキラと輝くビジュアルに2人はびっくり。さらに、試食させてもらうと、中には何か果物が入っているよう。店主からスイーツ誕生の経緯や、普通のものとは違う不思議な食感の秘密を探り出す。

「天使の真珠」

新鮮なフルーツをそのままゴロッと

1日限定20個 ジュエリーボックス 天使の真珠 メロンDAIFUKU

吉岡製菓

吉岡製菓

昭和28年より、先代がお菓子作りを始めました。
今も変わらずにお客様に愛され続けている看板商品「だんだんご」を始め、
創業当時からのお菓子や、その時代にあったお菓子を作り続けてまいりました。
お子様のおやつに。また各行事の贈り物としてお使いしていただければ幸いです。

お子様からお年寄りまで、幅広く愛されるお菓子をお届けできるよう
心を込めて作り続けて参ります。

沿革
昭和28年 生姜せんべい、味噌せんべい、青山せんべいの販売と共に、卸し売りを始める。
昭和40年 出雲花最中、きんつば、だんだんご、お芋さんを開発し、製造、販売を始める。
昭和50年 洋菓子部門を設置。よしおかのバターケーキ・バターロールケーキが好評を博した。
昭和53年 2代目 吉岡登が東京製菓学校に入学。かまんとはちのきに就職。
大黒饅頭が誕生。
昭和57年 初代、2代目共に地元斐川町の「荘原本店」をオープン。
昭和60年 斐川町神庭の荒神谷遺跡より銅鐸・銅矛・銅剣が大量出土。銅鐸饅頭(商標登録済)を制作、発売する。

平成5年 お客様の増加に伴い「荘原本店」をリニューアルオープン。
平成8年 雲南市加茂町岩倉の加茂岩倉遺跡より大量の銅鐸が出土。銅鐸饅頭がブーム再来。
同時に後に「斐川の少女の夏帽子」となる吉岡のチーズケーキを開発。島根県内初のズコットチーズケーキとして好評であった。
宍道店オープン。
平成11年 だんご3兄弟がブームとなる。それに伴い「だんだんご」の知名度がUP。連日売り切れが続き、吉岡の看板商品のひとつとなる。
平成15年 卸し事業拡大。
ロールケーキ、シフォンブーム。
平成20年 今までよりも更に地元の食材使用に力を入れ、特に出西生姜をメインとする商品を開発・販売する。
平成24年 「森の贈りものリーフパイ」を制作、販売する。
平成25年 組織を法人に改め『株式会社 吉岡製菓』に改組。
大社店オープン。
平成27年 斐川町荘原に全店を統合し吉岡製菓本店完全リニューアルオープン。
マゴフィー、かりんとう饅頭、シュークリームを開発、販売する。
平成28年 開発に5年を要した「YOSHIOKA Jewely Box ルビーのいちご DAIFUKU」を販売。

「吉岡製菓」詳細情報

  • 住所:島根県出雲市斐川町荘原3940 地図
  • 営業時間:9:00〜19:00
  • 定休日:火曜日
  • 電話:0853-72-4566
  • ホームページ

とろける極上牛肉!絶品料理に“舌”鼓 「旨味牛たん玉田屋」という“牛たん”の専門店の「牛たんのしゃぶしゃぶや牛たんステーキ」

「とろける極上牛肉! 絶品料理に“舌”鼓!」のクチコミを求めて松江へ。やってきたのは、「玉田屋」という“牛たん”の専門店。クチコミの「特別なメニュー」で使用している肉は、地元で生産されるブランド牛「島根和牛」のもの。島根和牛は他の肉に比べ融点が低いため、とろけるような食感になるのだとか。牛たんのしゃぶしゃぶや牛たんステーキをいただくのだが、ピーターが休養宣言について言及するのが、ここ。

「旨味牛たん玉田屋」

牛たん料理の本場として全国的に有名なのは仙台ですが、「玉田屋」は西日本では評判の「牛たん料理専門店」!地元の高品質の島根和牛をはじめ、多彩な牛たん料理が並ぶ!刺身からステーキ、定番の塩焼き、煮込み、石焼丼やシチュー、カルパッチョ、ペンネなど和洋に捉われないスタイルが評判を呼んでいる。店内は広く、カウンターと個室の2タイプが用意されておりカップルにも大人気!全席禁煙で快適にお楽しみいただけます。

牛たん専門店「旨味牛たん玉田屋」詳細情報

  • 住所:〒690-0842 島根県松江市東本町1丁目34 地図
  • 営業時間:
    ランチタイム:午前11時30分~午後2時水曜~日曜、祝日の営業となります。
    ※祭日は通常営業いたします。
    ナイトタイム:午後5時30分~午後12時(火~木)午前1時(金、土)
    ※日曜は9時  23時以降のご来店はお電話を
  • 定休日:毎週月曜日、連休は翌日
  • 電話:0852-25-6089
  • ホームページ

年をとるほど美しい!お土産にぴったりの伝統工芸 山本漆器店(八雲塗やま本)「八雲塗」

「年をとるほど美しい! お土産にピッタリの伝統工芸!」。「私たちにふさわしいクチコミ」とばかりに「山本漆器店」を訪ねる。この店で扱う漆器は「八雲塗」というもので、特殊な漆を使用しているので使い込むほどに年々透明度や色つやが増すのだそう。作業場を見学させてもらい、伝統を受け継ぐ若い女性の職人をねぎらう。また、現代風の漆器もたくさん作っているということで売り場を回ると、スマートフォンカバーから名刺入れ、さらには位牌まで! 2人もデザインを考えてオリジナルの「八雲塗」を作ってもらうことに。

八雲塗やま本「八雲塗」

小泉八雲をして「神々の首都」と呼ばれた島根県出雲地方。
しじみ漁と夕日で全国的に有名な宍道湖の畔にある、茶の湯が盛んな松江市で、
八雲塗」は生まれました。
江戸時代中期、茶の湯を大成した松江藩の大名茶人松平不昧公が自前で茶道具
を作り始めたのが、松江の漆器作りの基礎となりました。
明治維新後、廃藩置県で職を失った松江藩お抱え塗師坂田平一は、全国の漆器
だけでなく、中国や東南アジアの漆器の技法を学び、「八雲塗」を考案しました。
それを島根県の工芸品として産業化したのが、弊店の創業者山本喜三郎です。
当時の県令(県知事)により、日本最古の歌「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠め……」
にある出雲の枕詞「八雲」から命名されました。
創業以来、明治から平成へと百二十年間培ってきた伝統の技を守る一方で、それを
生かした新しい漆器作りにも取り組んでいます。



山本漆器店(八雲塗やま本)詳細情報

ビッグな驚きが待っている!超美味・幻の「のどぐろ」、日本料理店「和らく」

最後のクチコミは「ビッグな驚きが待っている! 超美味・幻の『のどぐろ』!」。島根を代表する特産物、のどぐろ。2人は期待に胸を膨らませながら、日本料理店「和らく」を訪問する。幻ののどぐろとは、400グラム以上もある希少な大物“大のどぐろ”のことを指し、普通のものと比べたそのビッグさに2人も仰天。大のどぐろを存分に味わえるコース料理が登場し、2人の目の前に皿がズラリと並ぶ。

しかし、クチコミにはまだ「特別な逸品」があるとのこと。すると次に出てきた鍋の中に、大のどぐろでないとできないという料理が。深いコクがあり旨味たっぷりのメニューに「おいしい!」と大満足する。

日本料理店「和らく」

和らくは島根県松江にたたずむ風格漂う和食処・日本料理店です。(割烹・懐石料理・松江市・郷土料理・魚料理)山陰の宍道湖と堀川に見守られた水郷「松江市」 で、日本海の新鮮な魚介類や四季折々の食材にとことんこだわり、卓越した職人の技により生み出される料亭至高の逸品をご堪能ください。

日本料理店「和らく」詳細情報

  • 住所:〒690-0007 島根県松江市御手船場565 地図
  • 営業時間:11:30~14:30 、17:30~22:00
  • 駐車場:有り
  • 電話:0852-21-0029
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で