読売テレビ【ten】に京都府綾部市寺町【正暦寺(しょうれきじ)の寺泊】が紹介予定!

記事はここから

2018年10月25日(木)夕方4時47から放送の読売テレビ【ten】に綾部市寺町にある【正暦寺(しょうれきじ)の寺泊】が紹介予定!

スポンサーリンク

綾部市寺町「正暦寺(しょうれきじ)寺泊」

正暦寺(しょうれきじ)

 天慶5年(942)に空也上人が観音様を彫られお祀りしたのがそもそもの始まりとされ、寺号は正暦2年(991)、雨乞祈願の効験によって一条天皇より当時の年号が賜与されたものです。歴代綾部藩主も当寺を祈願寺として厚く外護したと伝えられています。
観音像は三十三年に一度御開帳される秘仏ですが、他にも千手観音像(市指定文化財)、涅槃図(重要文化財)などを始め、九鬼家ゆかりの駕籠など、長い歴史を感じさせる品々が多く残されています。
江戸中期に作庭された枯山水様式の正暦寺庭園は府指定名勝であり、加えて、境内には市の銘木10選に選ばれた欅や多くの古木の他、萩やつつじなど各種の花が年間を通じて彩を添えています。
山門よりの眺望もすばらしく、眼下に由良川と新綾部大橋、紫水ヶ丘と広がる山紫水明のパノラマをあたかも一幅の絵のごとく見渡すことができます。

寺泊

寺泊のススメ
一日一組のみ受け入れます
​​日本語と英語の対応可能
仏教には現在を生きる人にとって有意義なプログラムがあると考えています。

日本の文化を体験してみたい。
明日に向けてのちょっとした癒しがほしい。
自分自身を見つめ直したい。

​そういった声に答えていきたいと思います。

プログラム

  • 座禅:本堂で、書院で、竹林で、おもむろに座す。自らと向き合うもよし、自然を感じるもよし。
  • 写経:心を落ち着け、一心不乱に筆を動かします。般若心経で約2時間。本当に心が洗われます。
  • 山行:簡単な山登りで、スニーカーで充分です。山頂からの眺めは充実感があります。
  • 水行:真冬から春先は余りお薦めしませんが、井戸水で心と体を清めます。​終わったあとは、体が暖かくなります。
  • 調理:動物・植物の生命を有り難くいただき、私達は生きています。その繋がりを知ってください。
  • 護摩行(別料金):願いを護摩に託します。自らの心に焼き付け、エネルギーが高まります。
  • カヌー体験(別料金:​3,000円/1人・1時間):週末・休日を中心にインスタラクターが可能な場合、寺下の由良川にて可能です。4名以上からの受付になります。

その他詳細はこちら

場所

正暦寺 情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で