滋賀県守山市金森町【「わばら」を栽培するばら園・世界で一つだけのオリジナル品種を作るバラ農家 Rose Farm KEIJI(ローズファームケイジ)】バラ園三代目 國枝健一(くにえだけんいち)さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!お部屋で育てるバラ・お取り寄せ・通販売・ネットオンラインショップ・場所は?


滋賀県守山市【世界で一つだけのオリジナル品種を作るバラ農家】國枝健一(くにえだけんいち)さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?

滋賀県守山市にある「バラ農家 Rose Farm KEIJI(ローズファームケイジ)」國枝健一(くにえだけんいち)さんが、2021年10月23日(土) 午前11時からの朝日放送LIFE~夢のカタチ~に登場するようですよ!

世界で一つだけのオリジナル品種を作るバラ農家
國枝健一さん 「Rose Farm KEIJI」 滋賀県

滋賀県守山市のバラ農園。たくさんの種類のバラが咲き乱れていますが、それらはすべてメイド・イン・ジャパンの「和ばら」なのです。「バラのイメージと違う」「一輪でも映える、色のグラデーションが美しい」お客さんから驚きの声が上がります。
父の啓司さんが苦労の末に生み出した「和ばら」を発展させ、新しい発想でバラ農園とお客さんを繋いだのが、このバラ園の三代目、國枝健一さんです。

東京で人気のファッションブランド&雑貨店とコラボして花束を飾り、花屋さんに行かない人たちにも「和ばら」をアピールしたり。京都でバラの無人販売所を開設したり。
食品基準で育てている花びらから抽出したエキスで、ローズシロップやローズティを作ったり、さらには染色や、バラの香りを生かしたローズウォーターと、人々の毎日の暮らしに寄り添う製品も開発しています。

そんな健一さんが、新たに研究しているのが、「お部屋で育てるバラ」です。
「切り花ではバラが咲ききる姿が見られません。でも鉢で育てると、最後まで鑑賞できます。バラは朽ちていく姿も美しいんですよ」。

さらに健一さんは、お店ではなく、お客様にバラを直接届ける、Uber Eatsの「バラ版」を企画して、早速都内で実験を開始しました。

バラ農家 國枝健一さん 「Rose Farm KEIJI」 とは?

ばら作家、國枝啓司が生み出す「わばら」を栽培するばら園。琵琶湖畔の農園から、心を込めて大切に育てたお花を直接届けいている。

Rose Farm KEIJI(ローズファームケイジ) 場所

「Rose Farm KEIJI(ローズファームケイジ)」店舗情報

國枝健一さんがバラを育てる農園。父の啓司さんが品種改良を重ねた「和ばら」が注目を集める。現在は60種類以上のバラが季節ごとに花を咲かせている。※販売はホームページで受け付け。花束4,400円から。

  • 住所:〒524-0045 滋賀県守山市金森町507−2
  • TEL:080-5713-0909
  • 営業時間 不定 ※現在、見学はできません。
  • 定休日 不定
  • 公式サイト

エースホテル京都

2020年オープンした人気のホテル。ここで隔週の日曜日に開催しているのがサンデーローズマーケット。和ばらの無人販売。和ばら一束1,000円

  • 住所:京都市中京区車屋町245-2
  • 電話:075-229-9000
  • 営業時間:サンデーローズマーケットは隔週の日曜日、11時から。詳細はホームページで要確認(※売り切れ次第終了)
  • 公式サイト

朝日放送テレビ【LIFE~夢のカタチ~】番組データ

朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」 毎週土曜日 午前11時~放送 夢を追い、情熱を傾ける人たちに密着する人間ドキュメント番組です。ナレーションは演技派俳優の佐々木蔵之介さん。人生の物語を豊かな語りで紹介されます。
  • 朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」公式サイト:https://www.asahi.co.jp/life/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で