大阪府豊中市【デフテニスの世界選手権 日本人選手初優勝 デフテニスプレーヤー】喜多美結さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?


大阪府豊中市【】さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?

大阪府豊中市「デフテニスプレーヤー喜多美結さん」が、2021年11月27日(土) 午前11時からの朝日放送LIFE~夢のカタチ~に登場するようですよ!

デフテニスプレーヤー
喜多美結さん 豊中市

「デフテニス」という競技をご存知でしょうか?耳が聞こえない人や、難聴などの障がいを持つ人が、補聴器を外して対戦するテニスのことです。打球音をはじめ、一切の音が聞こえない静寂の世界で、選手たちは目で見て反応するしかありません。通常のテニスより高いフットワークが必要で、はるかにプレイが難しいスポーツです。

2019年10月、デフテニスの世界選手権で、日本人選手として初めて優勝を果たしたのが、喜多美結さんです。難聴の原因を究明し、治療法を探したいと、大学で神経生命工学を学びながら、テニス部に所属。補聴器を付け、大学日本一を決める全国大会にも出場して、団体戦の貴重な戦力となっています。また彼女は、来年5月、ブラジルで開催される聴覚障がい者のオリンピック「デフリンピック」の優勝をめざしています。奮闘する喜多美結さんを追いました。

彼女の両耳が聞こえにくくなったのは、小学校4年生の頃。原因は不明で治療法も判らず、補聴器を付けての生活が始まりました。中学、高校とテニス選手として活躍。全日本ジュニア選手権では、女子ダブルスでベスト16まで行きました。しかし、難聴はさらに進行し、補聴器を付けても音が聞きづらくなりました。仲間が応援してくれても、それに応えられない。次第にテニスから離れていきました。

大学でもテニスをするつもりはありませんでしたが、ネットで「デフテニス」のことを知り、子ども向けのデフテニス教室にボランティアで参加してみます。子ども達が生き生きとテニスを楽しんでいるを見て、「これだ!私も頑張らなきゃ!」と、テニスの世界に戻ることを決意したのです。

美結さんは、テニスのレベルが高い関西大学のテニス部に入部。地道な努力が実り、全国大会の団体戦に出場する7名に選ばれました。11月に開かれた団体戦の結果は?さらにデフテニスの全国大会での優勝を目指します。
「デフリンピック」出場へ、夢のツヅキは?

デフテニスプレーヤー 喜多美結さん

朝日放送テレビ【LIFE~夢のカタチ~】番組データ

朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」 毎週土曜日 午前11時~放送 夢を追い、情熱を傾ける人たちに密着する人間ドキュメント番組です。ナレーションは演技派俳優の佐々木蔵之介さん。人生の物語を豊かな語りで紹介されます。
  • 朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」公式サイト:https://www.asahi.co.jp/life/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で