【伝統工芸「近江一閑張」を受け継ぐ職人「蛯谷工芸(えびたにこうげい)」】三代目 蛯谷亮太(えびたにりょうた)さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!一閑張で作る赤ちゃん用のゆりかご・通販売・オンラインネットショップ・お取り寄せ・場所は?


滋賀県湖南市にある「蛯谷工芸」三代目 蛯谷亮太さんが、2021年4月10日(土) 午前11時からの朝日放送LIFE~夢のカタチ~に登場するようですよ!

『「紙」で暮らしを豊かに!伝統工芸「近江一閑張」を受け継ぐ職人『蛯谷工芸』 三代目 蛯谷亮太さん』と題して紹介。

滋賀県湖南市にある三代続く伝統工芸の工房、紙の工芸品「近江一閑張」。その三代目を受け継いだ二十代の職人が蛯谷亮太さん。亮太さんの生み出す品々は竹や木で出来ているように見えるが、素材は全て紙。器、籠、お盆、ティッシュペーパーBOXなどの小物まで様々なものを製作する。

亮太さんは、はじめは家業には興味がなくバイクが大好き。バイク店で働きながら整備士を目指し、アマチュアのバイクレースにも参加。しかし、2014年、練習中に転倒、頭蓋骨が割れる重傷を負う。その事故をきっかけに家業を継ぐことを決心。

今回の映像では、近江一閑張の和紙を特注している手すき和紙の産地、富山県南砺市にある合掌造りの村「五箇山地区」で、さらに商品の幅を広げようと、亮太さんが安心・安全な和紙の利点を生かした「一閑張で作る赤ちゃん用のゆりかご」を発案。商品ができるまでを紹介する。

蛯谷工芸とは?

近江一閑張は、竹を材料とする従来の一閑張とは異なり、素材に紙ひもを用いており、丈夫で軽く扱いやすいのが特徴です。 初代 蛯谷金介が考案し50年。 皆様の暮らしに寄り添う特別な一品をご提供しているお店。

蛯谷工芸 場所

「蛯谷工芸」店舗情報

あゆの店きむら 八幡堀店

「近江一閑張」を商品の陳列に使っている、様々な鮎の商品や鮒ずしなど滋賀の特産品を扱うお店

  • 住所:滋賀県近江八幡市大杉町12
  • 電話:0748-32-1775
  • 営業時間:10:00~16:30
  • 定休日:火曜
  • ホームページ:https://www.ayukimura.co.jp

農事組合法人 五箇山和紙

「近江一閑張」で使う特注の和紙を手漉きで作ってくれている工房

  • 住所:富山県南砺市下梨148
  • 電話:0763-66-2016
  • 営業時間:8:15~17:00

朝日放送テレビ【LIFE~夢のカタチ~】番組データ

朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」 毎週土曜日 午前11時~放送 夢を追い、情熱を傾ける人たちに密着する人間ドキュメント番組です。ナレーションは演技派俳優の佐々木蔵之介さん。人生の物語を豊かな語りで紹介されます。

  • 朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」公式サイト:https://www.asahi.co.jp/life/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で