大阪府豊中市スイーツ専門店【喜界島ざらめ(粗糖)の焼き菓子工房 ハバサハナ(haba sa hana)】木村麻美さん・大東瞳さん姉妹が【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!喜界島スイーツ・粗糖キャラメルアップルパイ・黒糖焼酎漬けレーズンサンドクッキー・場所・お取り寄せ・ネット通販は?


大阪府豊中市にあるスイーツ専門店「ハバサハナ(haba sa hana)」木村麻美さん・大東瞳さん姉妹が、2021年4月3日(土) 午前11時からの朝日放送LIFE~夢のカタチ~に登場するようですよ!

『粗糖の優しい甘味 “喜界島スイーツ”姉妹「ハバサハナ」木村麻美さん・大東瞳さん』と題して紹介。

大阪府豊中市。音楽大学につづく道沿いにあるスイーツ専門店「ハバサハナ(haba sa hana)」。「ハバサハナ」とは、鹿児島県の喜界島の方言。ハバサが香りが良い、ハナサがかわいい。2つの言葉が繋がると「愛おしい」という意味になるという。

お店のお菓子は、すべて喜界島の粗糖がベース。優しい甘みうれしい粗糖の味わはリピーターを増やしている。

お店は、姉の木村麻美さんと妹の大東瞳さん喜界島にルーツを持つ姉妹が営んでいる。姉妹は3人の子を持つお母さん。育児に追われながらお菓子を焼き上げる。人気の商品は、粗糖のキャラメルを使ったアップルパイ。その他にも島の黒糖焼酎で漬けたレーズンサンドクッキー、アーモンドのキャラメリゼなどなど、お酒に合うスイーツも並び人気がある。

映像では、この春、ハバサハナは大きな一歩を踏み出すことになった姉妹に密着。食材の仕入れと新たなお菓子のインスピレーションを得るため、喜界島へ行く2人。現地で、サンゴ礁や美しい海岸、多彩な特産品に触れ、今まで使ったことのない黒糖そのものを使ったお菓子、名物の「たんかん」を使ったスイーツを構想、ルーツの島「喜界島」に魅せられた姉妹の、喜界島スイーツが披露される。必見!

「ハバサハナ(haba sa hana)」

「ハバサハナ(haba sa hana)」は粗糖を使用した焼き菓子工房。”身体にやさしく、甘さ控えめ”をモットーに食べてくださる皆さまがほっこり笑顔になる商品作りを心がけているお店。店で使用する粗糖は喜界島の良質なさとうきびを100%使用したもので、上白糖やグラニュー糖などの精製糖に比べ 栄養分(ミネラル)が十分に残されており、粗糖で作る焼き菓子はやさしい甘さの中にもコクがある。そのほかの材料も、できる限り国産のもので粗糖に合う材料を選んでいる。

「ハバサハナ(haba sa hana)」場所

「ハバサハナ(haba sa hana)」店舗情報

  • 住所:〒561-0832 大阪府豊中市庄内西町2丁目7−32 地図
  • TEL:06-7181-4661
  • 公式サイト

朝日放送テレビ【LIFE~夢のカタチ~】番組データ

朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」 毎週土曜日 午前11時~放送 夢を追い、情熱を傾ける人たちに密着する人間ドキュメント番組です。ナレーションは演技派俳優の佐々木蔵之介さん。人生の物語を豊かな語りで紹介されます。

  • 朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」公式サイト:https://www.asahi.co.jp/life/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で