京都府【木村染匠・魔法騎士レイアース着物】京友禅の染色作家 奥野むつみさんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?


京都府【木村染匠・魔法騎士レイアース着物】京友禅の染色作家 奥野むつみさんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?

京都府にある「着物の世界に新風を呼び込む注目の京友禅の染色作家」奥野むつみさんが、2022年4月16日(土) 午前11時からの朝日放送LIFE~夢のカタチ~に登場するようですよ!

京都「みやこめっせ」。この日は京都の伝統工芸が一堂に会する日。ここに、ひときわ目を引く京友禅の着物がありました。人気漫画「魔法騎士レイアース」をイメージした着物です。染めたのは奥野むつみさん。東京ガールズコレクションでフワちゃんが着て、一気に注目されました。2021年10月「きもの芸術展」にて「京都市長賞」を受賞。今ブレイク中の京友禅の染色作家です。

奥野さんの着物は、きらきらした輝きが特徴です。「京友禅の多くは、ぼかして淡いグラデーションを描きますが、私は水色に対して黄色や紫などを挿してメリハリをつけて光らせます。いかに着た人を輝かせられるか、それが勝負なんです」また着物だけでなく、バックや名刺入れなど、手に取りやすい小物も制作しています。これは京友禅の技法を幅広い世代に伝えたい、という想いからです。

奥野さんは福井県の越前出身。着物が好き、と自覚したのは3歳の頃。親戚の結婚式で着た着物がステキ過ぎて、脱ぎたくないと駄々をこねたそうです。高校卒業後、京都の大学の芸術学部に入りますが、ここでも着物のことばかり考えていたといいます。そして京友禅の工房が職人を募集していると聞き、門を叩き、それから10年、奥野さんは基礎からみっちり学びました。

現在は75年の歴史がある「木村染匠」に所属する奥野さん。「おしゃれは乙女の戦闘服!自分を誇りに思える一着を」をモットーに、斬新で瑞々しい京友禅を生み出しています。
また、複雑な工程を経て作られる京友禅を身近に感じてもらおうと、子供用の「キモノぬり絵」を発売。そのぬり絵に合わせて、3歳児をモデルに、実際の着物を作ります。
自分が着物愛に目覚めた年齢の着物ですが、子供の着物を作った経験はなく、初めての試みです。さて、どんなものが出来上がるでしょうか。

京友禅の染色作家 奥野むつみさん

木村染匠所属。京友禅(手描き)による着物のお誂え承ります。絵画タッチのキラキラ表現が得意。乙女心全開ときめく着物で、あなたの魅力を引き出すお手伝いさせてください。イマジン・ワンワールドKIMONOプロジェクトではベラルーシ、セントビンセント 及びグレナディーン諸島、アルメニアを制作。マイメロが好き。

木村染匠

新しい京友禅の作品を生み出す染色作家・奥野むつみさんが所属。

朝日放送テレビ【LIFE~夢のカタチ~】番組データ

朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」 毎週土曜日 午前11時~放送 夢を追い、情熱を傾ける人たちに密着する人間ドキュメント番組です。ナレーションは演技派俳優の佐々木蔵之介さん。人生の物語を豊かな語りで紹介されます。
  • 朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」公式サイト:https://www.asahi.co.jp/life/