京都市右京区【手描き染色・染色工房「アート・ユニ」】職人 西田清さん越本大達さん・パリコレクション イッセイ ミヤケ・四条烏丸オープン綿菓子店が【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?


【】さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?

京都市右京区にある染色工房「アート・ユニ」西田清さん 越本大達さんが、2022年5月14日(土) 午前11時からの朝日放送LIFE~夢のカタチ~に登場するようですよ!

世界に名だたるハイブランドの染色を京都で
西田清さん 越本大達さん 京都市右京区 染色工房「アート・ユニ」

2022/23年秋冬パリコレクション。イッセイ ミヤケの今シーズンのテーマは、「植物の成長」。中でも目を惹くのが、インパクトのある色彩とモチーフです。野菜や果物の瑞々しい断面を表現したシリーズは、ある京都の職人による、手描き染だったのです。

京都市右京区の住宅街に、世界的なアパレルブランドの染を手掛ける工房があります。それが『アート・ユニ』。1階の壁面にズラリと並ぶは、シルクスクリーンの型、約4000枚。1階では型染を、2階では手描きの染色を行っています。長さ23メートルの布地を広げ、一気に染め上げる手描き染色ができる工房は、世界でも珍しいそうです。今、作業しているのは、イッセイ ミヤケ2022/23で発表された手描き染色の量産。この生地を使った製品が、実際に店に並びます。わずか0.01mg単位で染料を調整し、オリジナルの技法でハイブランドの要求に答え続けるのは、アート・ユニ代表で、この道半世紀の染め職人、西田清さん(75歳)。

「引き染め」「彩纈(さいけつ)染め」「すりはがし染め」「弓パッチン染」など、西田流の染色技法を紹介します。これらは「イッセイ ミヤケ」や「ヨウジヤマモト」をはじめ、誰もが知る世界の名だたるブランドで採用されたものです。西田さんは、「いつも何か新しい技法を探しているね。モットーは、他ではやらないことをやる」

アート・ユニで働くのは、西田さんも含めて5人。型染職人が1人、手描き染職人が2人。
そして最初は大学に通いながら弟子入りした、越本大達さん。去年の春、正式にアート・ユニの一員になりました。西田さんにとって初の弟子で、歳の差は50歳。

午前7時、工房の一日が始まります。誰よりも早くやって来るのは西田さん。「社長が動かん会社はアカン!社長が何もしないトコは廃業しとる」工房の運営、企画、営業、染色、全ての作業をこなす西田さん。弟子の越本さんには、「3年以内に全てをマスターすること」と言い渡してあります。越本さんの修行の様子とは?そして、四条烏丸にオープンする綿菓子店から、越本さんにのれん作りの依頼が。越本さんの新たな挑戦が始まりました。

京都の手染め染色 アート・ユニとは?

京都 染色工房 手描き、手捺染による服地の染色を行う工房。染めで繋ぐ人々と伝統。京友禅の技術を継承し、新しい感性と柔軟な創造性が生み出すオリジナルテキスタイル。素材やデザインに適した加工方法を提案しご要望にあった染めを提供。

アート・ユニ 場所

「アート・ユニ」店舗情報

京わたがし専門店 JEREMY&JEMIMAH ジェレミー&ジェマイマ

京都の綿菓子専門店ジェレミー&ジェマイマの公式オンラインストア。新しい京和菓子。 2022年春、四条烏丸にリニューアルオープン。京都土産に綿菓子を。

  • 住所:〒600-8091 京都府京都市下京区元悪王子町47−14
  • 電話:080-2554-6176
  • 公式サイト:https://jeremyjemimah.com/

朝日放送テレビ【LIFE~夢のカタチ~】番組データ

朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」 毎週土曜日 午前11時~放送 夢を追い、情熱を傾ける人たちに密着する人間ドキュメント番組です。ナレーションは演技派俳優の佐々木蔵之介さん。人生の物語を豊かな語りで紹介されます。
  • 朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」公式サイト:https://www.asahi.co.jp/life/