大阪市西区立売堀【日本の食材でフレンチを身近にフランス料理店「LOUISE(ルイーズ)」】シェフ ヤニック・ラオプニュさんオーナーソムリエ 田中美紀希さん、淡路島シェフガーデンが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?


大阪市西区立売堀【日本の食材でフレンチを身近にフランス料理店「LOUISE(ルイーズ)」】シェフ ヤニック・ラオプニュさんオーナーソムリエ 田中美紀希さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?

大阪市西区立売堀にある「日本の食材でフレンチを身近に ルイーズ」ヤニック・ラオプニュさんが、2022年5月7日(土) 午前11時からの朝日放送LIFE~夢のカタチ~に登場するようですよ!

日本の食材でフレンチを身近に ヤニック・ラオプニュさん 大阪市西区立売堀 「ルイーズ」
大阪の木津市場に自ら足を運んで、厳選する季節の魚介や、特上の黒毛和牛に、近江八幡市の農園から仕入れる旬の野菜。

日本の食材の美味しさに魅せられたのは、アフリカのカメルーン生まれのフランス人シェフ、ヤニック・ラオプニュさんです。パリの三ツ星レストランで部門シェフを務めていた時、同じく部門シェフだった坂本充治さんに誘われて来日。2010年、西天満のフレンチ・レストランで4年間腕を振るいます。その後、一旦フランスに戻るのですが、日本の食材を料理した充実感が忘れられず、2019年、再び日本へ。一流ホテルや名店からの誘いを断って、オーナーソムリエの田中美紀希さんと二人で、『ルイーズ』をオープンさせたのです。

「僕は日本の食材が大好き。野菜も魚も、季節ごとに美味しいものがいっぱい。日本料理でみんなが知っているものを、フランス料理で使うと新しい発見があるし、フレンチをもっと身近に感じてもらえる」そしてその食材に、日本ではあまり見たことのないスパイスやハーブを合わせるのがヤニック流。その腕を証明するイベントが、リーガロイヤルホテルのレストラン『シャンポール』で行われました。1950年にパリで設立された国際的な美食協会の晩餐会で、ヤニックさんがシェフを務めたのです。この日、ヤニックさんが作った料理とは。そして美食協会の評価は?

そんなヤニックさんが、新型コロナの感染拡大を機に始めたこと。それは家族の「フレンチは敷居が高いし、小さな子供がいると行けない」という悩みを聞いて、お子様の日を作ることでした。さらに、淡路島の野外レストランでは、コロナ禍で影響を受けたシェフたちが集まって出店する『淡路島シェフガーデン』にも参加することに。フランス料理の楽しさをたくさんの人に知ってもらおうと、イベントを開催、新メニューを開発します。さて、その料理とは?

フランス料理店「LOUISE(ルイーズ)」場所

フランス料理店「LOUISE(ルイーズ)」店舗情報

淡路シェフガーデン

  • 淡路島の料理が楽しめる屋外型自然共存レストラン。
  • 住所 兵庫県淡路市岩屋2942-39
  • 営業時間:11:00~21:00
  • 電話:080-8177-4501

大阪木津卸売市場

日本最大級の規模を誇る民間の地方卸売市場。

  • 住所:大阪市浪速区敷津東2-2-8
  • 電話:06-6631-1131
  • 営業時間:7:00~13:00(店舗により異なる)
  • 定休日:中央市場の休日に準ずる

朝日放送テレビ【LIFE~夢のカタチ~】番組データ

朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」 毎週土曜日 午前11時~放送 夢を追い、情熱を傾ける人たちに密着する人間ドキュメント番組です。ナレーションは演技派俳優の佐々木蔵之介さん。人生の物語を豊かな語りで紹介されます。
  • 朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」公式サイト:https://www.asahi.co.jp/life/